ごあいさつ

グリコグループで進める環境活動

グリコグループは「おいしさと健康」の企業理念のもと、2002年に定めた「グリコグループ行動規範」に沿ってすべての企業活動を進めています。環境保全活動については、「グリコグループ行動規範」に「私たちは、環境にやさしい企業活動を推進します」と宣言し、環境関連の法順守、地球環境の汚染防止、省エネ、省資源、廃棄物の削減、容器包装の環境への負荷を考慮した製品設計などに取り組んでいます。

2008年度にはグループ全体でCO₂の排出量を削減するためECO-GGプロジェクトを立ち上げ、活動をスタートしました。取り組みにあたっては生産部門だけでなく、本社や営業、物流部門を含め、実効性のある施策を検討・計画し、現在はISO14001推進部会で実行しています。

グリコグループは、大正11年2月に発売した栄養菓子「グリコ」以来、常に企業理念「おいしさと健康」に基づいてあらゆる世代、あらゆる国の人々に対してなにができるか考え続けてきました。この地球環境問題に対しても、グリコグループが果たすべき責任と役割を認識し、持続可能な社会を構築していくために、環境保全活動を経営課題の一つとして企業活動を進めていきます。

グリコグループには、創業の精神を受け継ぐ言葉として「創意工夫」という言葉が社員の間で語り継がれています。今後は、この創意工夫を凝らした活動が、環境保全活動においてもますます必要になってくると考えております。

江崎グリコ株式会社
代表取締役社長 江崎 勝久