コーポレートガバナンス

基本的な考え方

江崎グリコは、グループ全体において、企業の社会的責任及び企業価値の増大という観点から、コーポレート・ ガバナンスの強化・充実を経営上の重要課題と位置づけております。国内外の事例や教訓をよく踏まえ、実効性のある体制を確立し、競争力を強化し、株主・消費者・従業員・地域社会などすべてのステークホルダーとの良好関係を維持向上させ、社会的責任の達成と企業価値のさらなる向上を目指しております。今後も情報開示を通じて迅速性、透明性、健全性を確保するよう継続的に取り組み、コーポレート・ ガバナンスの強化を図ってまいります。

経営

取締役会は原則毎月1回開催し、意思決定の迅速化を図っています。今後も取締役会における決議事項に関して取締役の経営責任を明確にすることにより、各取締役への権限委譲を行い経営の効率化を推進していきます。
また、業務運営の指針として制定した「グリコグループ行動規範」をグループのすべての役員と従業員に周知し、常に念頭に置いた業務遂行に努めています。

業務執行

江崎グリコでは、執行役員制度を導入することにより、経営監督と業務執行の分離による意思決定の迅速化及び業務執行の充実を図っています。執行役員は、取締役の決定した経営方針に沿って担当する部門の責任者として業務を執行します。

監査

期初に策定した監査計画に基づき、業務全般にわたる監査を実施しています。
各監査役は取締役会に常時出席している他、常勤監査役は社内の重要会議にも出席し、法令違反、定款違反や株主利益を侵害する事実の有無について監査しています。また、社長直轄のグループ監査室を設置し、すべての部門における内部統制の有効性と妥当性を確保します。

内部統制

金融商品取引法に対応した内部統制については、財務報告にかかわる内部統制の基本方針を定め、会社法の規定に基づいた取締役会の基本方針の決定を踏まえて、全社及び業務レベルで実施しています。
監査役会は、業務監査の一環として、財務報告の信頼性を確保するための体制を含め、内部統制の整備及び運用に対して検証する責任を有します。社長直轄のグループ監査室は、内部統制の整備及び運用状況を調査、検討、評価し、その結果を社長に報告しています。さらに、内部統制の評価結果に基づき、不備の改善や重要な欠陥の是正を促しています。

危機管理体制

グリコグループを取り巻くリスクに迅速かつ的確に対処するために「グループ危機管理委員会」を設置しています。平常時には想定されるリスクを洗い出し、その発生を未然に防止するための対策を実施し、予測不能なリスクが発生した場合には、そのリスクから生じる損失を最小限に抑え、再発を防止するなどグリコグループの企業価値の保全に努めています。

教育・啓発

ISO14000シリーズ、コンプライアンス、情報セキュリティポリシー教育などは定期的に実施し、社内イントラネットでは各種規定、ルール、マニュアル類を、いつでもだれでも簡単に確認できるように公開しています。

重大リスクへの対応

品質安全、コンプライアンス、お客様対応、自然災害、情報漏えいを重大リスクとしてとらえ、それぞれの案件について専任部署がリスクマネジメントを実施しています。他の部署では、各部署で発生する可能性のあるリスクを洗い出し、対応を定めています。
全国の生産・営業拠点で、防災備品の強化や実態に即したマニュアルを作成しています。