サプライチェーンマネジメント

取引先に関する基本方針

グローバルに事業活動を行うGlicoグループでは、GlicoグループのCSRの考え方に基づき、「バリューチェーンを通じて、人権尊重・腐敗防止・競争法等を遵守することにより、付加価値の高い事業活動を推進する」ことを目標に掲げています。それを実現するため、ISO26000および国連グローバル・コンパクトをもとにGlicoグループが公正取引において配慮すべき課題を明確にしたうえで、「公正取引基本方針」を策定し、2019年4月に発効しました。

公正取引基本方針

私たちは、当社グループのみならず、バリューチェーンにおいて、各国法令を遵守するとともに以下事項の実現を目指すことにより、高い倫理観に基づく持続的で付加価値の高いグローバルな事業活動を推進します。

  1. 労働における基本的原則及び権利に反する「強制労働」及び「児童労働」、「雇用及び職業における差別」を排除・撤廃すること。
  2. 公務員や政治家はもちろんのこと、ビジネスパートナーとの適切な関係を保ち、また、役職員による利益相反取引を避ける等、あらゆる形態での腐敗を防止すること。
  3. カルテル、談合等の自由な競争を阻害するあらゆる行為に関与せず、お客様へ安心・安全で質の高い商品やサービスを提供することを第一に、市場にて適切な競争を行うこと。
  4. 資産の有形・無形を問わず、第三者が保有する正当な財産権を尊重した活動を行うこと。
  5. 上記各項目につき、関係者との間で互いに意識を向上させ、以って、問題発生の未然防止と顕在化した問題への迅速で適切な対応を実現すること。

購買活動に関する基本方針

私たちは、公正・公平・透明な購買活動を心がけ、取引先の選定に関するガイドラインを制定しています。 コンプライアンス、企業姿勢、品質、価格、技術力、供給力等を総合的に評価のうえ、取引先を選定し、合理的な取引を実施しています。 この考えのもと、取引先から購入している原材料も当社製品の一部であると考え、ビジネスパートナーとしての取り組みを進めています。主要取引先の皆さまとは定期的なミーティングを実施することにより、下記の「購買活動の基本方針」や品質管理等についての意識共有を図っています。

購買活動の基本方針

弊社では企業理念の実践に向け、企業コンプライアンスに基づいた「Glicoグループ行動規範」を定めています。「江崎グリコ株式会社グループ調達部購買基本方針」は、その理念をお取引先との間で共有し、健全な取引関係の構築を目的とした調達の基本方針を制定すると共に、購買担当がとるべき行動を具体的に示し、お取引先と不適切な関係に陥らないよう、購買の姿勢を具体的に定めています。

〈購買の方針〉

  1. 購買業務に関するそれぞれの国の関係法令、及びGlicoグループ行動規範をはじめとする社内規定に則った活動を行います。
  2. コスト、品質、納期など取引における諸要素を適切に検討し、経済的合理性に基づいた購買意思決定を行います。
  3. お取引先とのビジネスパートナーシップの強化を図ると共に、公正、公平で透明な取引に努めます。
  4. 倫理的自覚を持った取引に努めます。
  5. グリーン購買など環境に配慮した取引に努めます。

〈調達担当者の姿勢〉

  1. 法規や規制、またGlicoグループ行動規範を逸脱する取引を行いません。
  2. ご提供いただく原材料、物品やサービスを厳格に評価し、コスト、品質、安全等の競争力を優先した取引を行います。
  3. お取引先との健全な関係の保持に努めます。また、立場を濫用した不当な値引きやサービスなどの強制を行うことはありません。
  4. お取引先と個人的な利害関係を持ちません。社会通念上の範囲を超えた供応などの個人的利益をお受けすることはありません。
  5. 信頼のおけるお取引先との関係構築に努め、社会的規範に反する企業との取引は行いません。

公正・公平な取引の徹底

Glicoグループのパートナーとしてともに歩んでいただく取引先に対し、Glicoグループが目指す高い倫理観に基づく持続的で付加価値の高いグローバルな事業活動に賛同していただくための条件を取り決めた「取引基本契約書」を締結し、これに基づく取引を行っています。 Glicoグループでは、公正な評価・選定や公平な競争機会を基盤に、国内外の法令に則った公正・公平な取引を行うとともに、取引先との信頼関係の強化に努めています。

公正・公平な取引に対する取引先の評価

江崎グリコでは、「購買活動の基本方針」に沿って公正・公平な取引が行われているかを確認・検証するために、年1回、調達部門による自己評価、および取引先による調達部門への評価を実施しています。

新規取引先の選定にあたっては、経営、CSRへの取り組み、品質、コスト、納期、サービス等について評価し、最適な取引先を選定しています。すでに取引している取引先に対しても、年1回、同項目について取引先およびGlicoグループが公正・公平に評価を行っています。2019年度は、グローバルコンパクト・ネットワーク・ジャパンの労働・人権・環境・腐敗防止に基づく10原則に沿って調査しました。また、改善指導対象と評価した企業に対しては弱点を強化しパートナーとして育成することにも取り組んでいます。

2019年度の取引先評価の結果

取引先評価の結果チャート図

取引先評価の結果チャート図

贈収賄防止の取り組み

「公正取引基本方針」に基づいて公人・役人・取引相手との金品の授受による不適切な取引や癒着を排除するため、グローバルな贈収賄防止についてのグループ内ルールを策定し、2019年3月より各国のグループ会社に順次導入しています。シンガポール、タイ、インドネシア、中国のグループ会社で研修会を実施したのを皮切りに、日本を含め残りの地域で順次研修を実施します。

安全・安心管理の徹底

グループ品質保証部が中心となり、取引を希望する部門と取引先を連携し、サプライチェーン全体で安全・安心な調達を実現する体制を整えています。

安全・安心管理体制図

安全・安心管理体制図

安全・安心管理体制図

取引先との管理システムの共有

「製品情報システム」や「原料納入規格書システム」といった品質管理に関わるシステムの表記統一を図るとともに、今後は、「品質管理プログラム」に統合し、一貫した品質管理体制を構築することを目指しています。

サプライヤー品質会議の開催

年1回、「サプライヤー品質会議」を開催し、取引先の取り組みを評価するとともに、今後の取り組みについて討議しています。

コンプライアンス

Glicoグループは自社はもちろん、取引先に対しても事業活動を行っている国・地域の法令遵守と倫理的行動を徹底しています。

独禁法の遵守

国内においては、「独禁法遵守ガイドライン」を策定し、国内グループの関連部門で独禁法教育を実施しており、調達部等を通じて取引先にも遵法活動を求めていきます。

働き方改革に向けて

2019年3月、江崎グリコおよびグリコ栄養食品の取引先(原材料、生産、物流関係等)約320社に対し、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」への取り組み状況、同法が取引に与える影響等についてのアンケートを行い、2019年4月からの施行に向けて、取引先とともに取り組みの準備を始めました。

CSR調達

Glicoグループでは、環境や人権に配慮して事業活動を行う取引先からの調達を推進しています。また、取引先と協力し、トレーサビリティのデジタル化に取り組んでいます。2019年4月までに取引先から納品される原材料へのバーコードラベルの貼付を必須化しました。今後は2022年を目標にICタグによるRFID(自動認識)化を推進していきます。

環境や人権に配慮した原材料の調達

安全・安心はもちろん、環境や人権にも配慮した調達の一環として、産地が明確な「トレーサブルカカオ豆」の調達を推進しています。2022年までにGlicoグループが調達しているアフリカ産カカオ豆を全てトレーサブルカカオ豆に切り替える予定です。また2022年までに、Glicoグループの基幹ブランド商品に使用されるパーム油をRSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)認証パーム油に切り替える予定です。

環境対応型包材の導入

比較画像

「セブンティーンアイス」のスティックの一部をバイオマスプラスチック化

商品の「カフェオーレ」についているプラスチック製ストローを廃止した他、「セブンティーンアイス」のスティックの一部をバイオマスプラスチックに置換する等、環境対応型包材の導入を進めています。

取引先とのコミュニケーション

写真

江崎グリコ「お取引先説明会」の様子

Glicoグループでは、取引先への訪問活動や定期的な取引先説明会を実施し、Glicoグループの「SCM(サプライチェーンマネジメント)方針」の周知・徹底を図るとともに、コミュニケーションを通じて取引先とのパ ートナーシップを強化しています。