環境取り組みの歴史

グリコグループは、工場における公害防止取り組みや省エネ設備の導入など、環境に関する活動に取り組んできましたが、江崎グリコでの全社的な活動としては1991年の環境問題対策委員会の発足をきっかけにスタートしています。

これからもグリコグループの企業活動が持続可能な環境保全型社会に貢献できるよう取り組んでまいります。

1987年 10月  神戸グリコにコージェネレーションシステムを導入
1991年 7月  江崎グリコに環境問題対策委員会を設置
1999年 2月 江崎グリコ九州工場(現・九州グリコ)がエネルギー管理優良工場として九州通産局長賞を受賞
  7月 江崎グリコ環境問題対策委員会を改称して江崎グリコ環境委員会・ISO14001認証取得部会が発足
  11月  江崎グリコ大阪工場(現・関西グリコ)が 環境マネジメントシステムISO14001認証を取得
2000年 2月 「江崎グリコグループ環境方針」を発表
  6月 三重グリコとグリコ兵庫アイスクリームにコージェネレーションシステムを導入
  12月  江崎グリコ本社および製造子会社で環境マネジメントシステムISO14001認証取得
2001年 6月 茨城グリコにコージェネレーションシステムを導入
  11月  営業拠点を含めた江崎グリコ全社で環境マネジメントシステムISO14001認証取得
2002年 2月 江崎グリコ環境委員会・ISO14001認証取得部会をISO14001推進部会と改称
  6月 グリコ千葉アイスクリームにコージェネレーションシステムを導入
2003年 5月 仙台グリコにコージェネレーションシステムを導入
  12月  九州グリコにコージェネレーションシステムを導入
2004年 1月 神戸グリコにコージェネレーションシステムを導入
  2月 九州グリコでコージェネレーションシステムの運転を開始
  3月 江崎グリコの製造子会社でゼロエミッションを達成
  9月 江崎グリコが日本食糧新聞社主催 
第13回日食・環境資源協力賞を受賞
  12月  関西グリコにコージェネレーションシステムを導入
2007年 2月 三重グリコに省エネ型低温用自然冷媒冷凍装置を導入
2012年 4月 鳥取グリコが地元南部町とカーボンオフセット契約
2013年 4月 営業用車両にハイブリッド車を導入
2014年   佐賀グリコ乳業でコンプレッサーを更新し、CO₂排出量を削減
東京グリコ乳業で冷凍設備を見直し、電力量を削減
2016年 3月 佐賀グリコ乳業で冷凍機を更新し、約3割消費電力を削減
  4月 グリコグループ環境方針を設定
  12月  乳製品、チルドデザートを製造するグリコグループ関連会社を加え、改訂版環境マネジメントシステムISO14001:2015を認証取得