品質安全の取り組み

基本的考え方

私たちは、お客様の安全・安心を最優先にして、すべての製品とサービスを提供します。

  • 私たちは、お客様の健康に直接関わる食品を扱っています。食品に関連するすべての法規を遵守します。
  • 製品の安全性確保のため、計画、実行、チェックの機能が有効に働く体制・運用方法を絶えず追求します。また、その技術開発にも取り組みます。
  • お客様のお申し出には、迅速に、かつ誠意をもって対応します。
  • 製品の安全性に問題が生じた場合、原因の追究と再発防止策を徹底して行います。

企業倫理体制を確立しています。

  1. 企業倫理委員会
    企業倫理委員会を設置し、グリコグループ行動規範の遵守と企業倫理面で適切な企業行動を実行するように努めています。
  2. 企業倫理ホットライン
    行動規範及び企業倫理に反する行為を見たり聞いたりした場合は、企業倫理委員会に直接通報できる社内窓口を設置しています。

原料の安全について

安全な原料の供給体制を整備。
使用する原料は厳しいチェックにより安全性を確保しています。

  1. 原料調達先に関しては、コンプライアンスや製造工程の監査などトータルな品質保証システムを慎重に精査し、自社の基準に合った高いレベルで品質確保のできる取引先を選定して、安全な原料の供給が受けられる体制を整備していきます。
  2. さらに原料調達先からは原料の安全性を保証する品質規格保証書を入手し、日本の食品衛生法および関連法規に合致しているか確認しています。
  3. 当社で使用する原料は残留農薬、食品添加物、或いはGMO(遺伝子組み換え作物)などをチェックし、安全性の確保を行なっています。

品質保証システム

FSSC22000に準拠した独自のシステムで衛生管理・工程管理を実施しています。

  1. 原材料受入れから製品出荷までの工程ごとに、品質保証の重要ポイントに対応した基準を定めて実行し、それを記録しています。
  2. 機械設備の点検、衛生管理、従業員の衛生教育等、衛生管理プログラムを定めて、その実施と記録を行っています。
  3. 品質異常(トラブル)の予知訓練を行い、トラブルの予防、早期の発見と対応、従業員の品質保証に対する意識と感性を高めています。

■FSSC22000(食品安全マネジメントシステムの国際規格、GFSI承認)を、中部グリコ栄食(名古屋ファクトリー)で認証取得しています。

グリコ食品安全センター

グリコ食品安全センターとともに、より高い安全性や安心を求めるお客様にお応えしていきます。

» グリコ食品安全センター

社内体制

品質保証マネジメントシステムの維持強化に取り組んでいます。

製品安全のためのマネジメントを進めるために社内の関連部門及びグリコグループの品質保証部門と連携して、絶えず品質保証システムの維持強化に取り組んでいます。

  • 社員の品質保証に関する意識を常に高く保つための研修の実施、コンプライアンス精神の醸成に努めています。
  • 社内の品質保証に関する責任の所在を明らかにし、製品の開発から製造、広告、販売促進活動を含め、お客様の手に渡るまで、すべての段階における品質保証システムが円滑に行われるように努めています。
  • 表示に関する基準や原料の採用、工場選定の基準の作成と遵守の監査をしています。
  • 常に行政や業界の動向をキャッチし、法律や制度の改正への速やかな対応を行います。
  • 食品の安全、安心に関する社会的なリスクの予測と予防的な対応を準備します。