プレスリリース

2021年01月14日

道の駅の備蓄体制の構築を目指し、官民三者が協定締結
~液体ミルクの備蓄で “防災”に加え “子育て支援”も推進~

島根県飯南町、一般社団法人飯南町観光協会、江崎グリコ株式会社は、1月14日(木)、『道の駅 赤来高原における相互協力に関する連携協定』を締結し、防災の重要拠点の一つ「道の駅」において、災害発生時に熱源や器具を必要としない食品(乳児用液体ミルク、レトルト食品、菓子)の備蓄を三者協働で行います。中でも、液体ミルクでは、同所での常時販売を通じ、その商品在庫を備蓄としながら、売れた分を新たに補充していく「道の駅ローリングストック法」を実施することで、“防災”だけでなく“子育て支援”も強化します。