Glicoが応援するアスリートの、秘伝の健康レシピを大公開! プロテニスプレイヤー尾﨑里紗選手の「ひき肉たっぷりオムレツ」

ひき肉たっぷりオムレツ
  • LINE

Glicoではもっとみんなが健康で、笑顔があふれた世界になってほしいという思いから食品はもちろんスポーツでも、みんなのココロ&カラダづくりをサポートしていくプロジェクトに取り組んでいます。アスリートをサポートするプロジェクトもその一つです。

今回は、Glicoがサポートするプロのアスリートの方に、普段の選手生活の中で実際に食べているカラダ作りや健康を意識したレシピを教えていただきました。

具材は、はみ出す程度でちょうど良し!「ひき肉たっぷりオムレツ」

今回教えていただいたのは、プロテニスプレイヤーの尾﨑里紗選手。2012年全豪オープンジュニアでベスト8に入るなど、早くから日本女子テニス界の次代を担う選手として期待を集めてきた注目の選手の一人です。2015年には自己最高となる世界ランキング130位をマークしました。

尾﨑里紗選手

尾﨑さんから教えていただいたのは、野菜たっぷりの「ひき肉たっぷりオムレツ」です。尾﨑選手曰く、「たんぱく質摂取のために、玉子にいれる具(ひき肉)ははみ出すぐらいの量で」とのこと。また付け合わせには電子レンジで簡単に作る「蒸し野菜のサラダ」を。彩りの良い緑黄色野菜の中でも体づくりに効果的と言われている野菜をチョイスされています。

材料 (1人前)
豚ひき肉:80g
卵:2個
玉ねぎ:1/4個
サツマイモ:大1/4本
ニンジン:1/4本
ブロッコリー:1/4本
ケチャップ:大さじ1
ウスターソース:小さじ1
塩コショウ:少々

ひき肉たっぷりオムレツの材料

※画像は材料のイメージです。作る際はレシピの分量をご確認下さい。

まずはオムレツに入れる具材と、付け合わせの野菜の下ごしらえです。具材に使用する玉ねぎを1cm程度のみじん切りにします。具材の下ごしらえはこれだけです。

玉ねぎのみじん切り

次に付け合わせの野菜を切っていきます。付け合わせにはβ-カロテンが豊富なニンジンに、ビタミンC・Eを含み、 疲労回復や免疫力アップに効果があると言われるサツマイモ、ビタミンC含有量が多いブロッコリーを、一口大に切って揃えます。

ビタミンC含有量が多いブロッコリー

ニンジン、サツマイモ、ブロッコリーを一緒にお皿に入れて水大さじ1をふりラップをかけ、600Wで約3~4分温めて蒸し野菜にします。爪楊枝で野菜を刺してスッと通れば完成です。

温めた蒸し野菜

次に具材では、1cm大に切った玉ねぎを弱火で炒めていきます。玉ねぎが少ししなってきたところで、豚のひき肉を入れます。味付けにはケチャップ大さじ1と塩コショウを少々、またウスターソースを小さじ1ほど隠し味程度に入れても味が引き立つようです。

豚のひき肉

具材が出来たらいったん取り出します。再度フライパンを熱し、よく温まったら溶いた卵をフライパンに流し込みます。強めの中火でフライパンを揺らしながら軽く箸でかき混ぜるように焼いていくのがポイントです。内側になる部分が少し半熟になる程度で火を止めてください。

卵で具材をくるむ

あとは具材を卵でくるむのですが、これが難しく崩れてしまうという方も多いはず。そんな場合は、ラップに卵の焼き面を下にしてのせ、具材を上から乗せてラップを使いながら具材がはみ出す程度に巻いてください。そうすれば、手を汚すことなくきれいなオムレツの出来上がり。先ほどの付け合わせ野菜を添えれば完成です。尾﨑選手曰く「見た目より中身重視!」とのことでした。

ひき肉たっぷりオムレツの完成

いかがでしたでしょうか?

さすがアスリート考案のレシピとあって、手軽に作れるうえ、ボリュームもあって栄養満点のものばかり。もちろん美味しさも満足いただけるはずです。

今回のメニューが少しでも皆さんの健康的な体作りに役立てれば、尾﨑選手もきっと喜んでくれるはずです。ぜひ挑戦して、今後の献立候補に加えてみてくださいね。

>>Glicoが応援するプロテニスプレイヤー 越智真選手の「疲労回復ミネストローネ」レシピはこちら

>>Glicoが応援するプロゴルファー 西智子選手の「ヘルシー炒り豆腐」レシピはこちら

  • LINE