Glicoが応援するアスリートの、秘伝の健康レシピを大公開! プロゴルファー西智子選手の「ヘルシー炒り豆腐」

ヘルシー炒り豆腐
  • LINE

Glicoではもっとみんなが健康で、笑顔があふれた世界になってほしいという思いから食品はもちろんスポーツでも、みんなのココロ&カラダづくりをサポートしていくプロジェクトに取り組んでいます。アスリートをサポートするプロジェクトもその一つです。

今回は、Glicoがサポートするプロのアスリートの方に、普段の選手生活の中で実際に食べているカラダ作りや健康を意識したレシピを教えていただきました。

入り豆腐と絹さやでダイエットにも最適 「ヘルシー炒り豆腐」

今回教えていただいたのは、プロゴルファーの西智子選手。
2013年、関西女子アマチュアゴルフ選手権において優勝後、同年、兵庫県アマチュアゴルフ選手権でも優勝し一気に名が知れ渡ります。さらに2014年の同選手権においても優勝して二連覇を達成。次代を担う選手として注目されています。

西智子選手

西選手から教わったのは「ヘルシー炒り豆腐」。
材料はたんぱく質とカルシウムを多く含む木綿豆腐を中心に、鉄分やカルシウムを多く含んだヒジキと絹さやがポイント。とくに、絹さやは大きなポイントで、ビタミンCとB1、カリウムにβカロテン、ミネラルなども摂取できるうえ、必須アミノ酸がすべて入ったスーパーフード。その他の具材にはニンジンに豚肉薄切り、ちくわ、しょうがなどがおすすめです。

材料 (2人前)
木綿豆腐:1丁
豚ロース肉薄切り:50g
ちくわ:1本
ニンジン:1/2本
絹さや:100g
乾燥ひじき:大さじ1
生姜:1かけ
刻みねぎ:少々
顆粒だし:小さじ1
醤油:大さじ1
みりん:大さじ1
砂糖:小さじ2
ごま油:少々

ヘルシー炒り豆腐の材料

※画像は材料のイメージです。作る際はレシピの分量をご確認下さい。

作り方はかなりシンプル。まずは下ごしらえです。
豚肉は一口大に切り、ニンジンを細切りに、そして絹さやの筋を取ります。

絹さや

木綿豆腐は最後に入れるので、水気を切るためにキッチンペーパーなどくるんで上からお皿などの重しを置いておきます。

木綿豆腐

フライパンにゴマ油をひいたら、しょうがを加え、中火で肉と野菜、ちくわを炒めます。

フライパンで炒める

野菜に火が通ってきたら、木綿豆腐を手でちぎって加えます。顆粒だし小さじ1、醤油大さじ1、みりん大さじ1、砂糖小さじ2、ごま油大さじ1を混ぜた調味料を仕上げにフライパンの端から回し入れて、全体に調味料を馴染ませます。

木綿豆腐を加える

彩り鮮やかに盛り付けて完成です。低カロリーでありながらボリュームを感じる一皿は、ダイエットにも向いているためスポーツ選手にもぴったりです。

ヘルシー炒り豆腐の完成

いかがでしたでしょうか?

さすがアスリート考案のレシピとあって、手軽に作れるうえ、ボリュームもあって栄養満点のものばかり。もちろん美味しさも満足いただけるはずです。

今回のメニューが少しでも皆さんの健康的な体作りに役立てれば、西選手もきっと喜んでくれるはずです。ぜひ挑戦して、今後の献立候補に加えてみてくださいね。

>>Glicoが応援するプロテニスプレイヤー 越智真選手の「疲労回復ミネストローネ」レシピはこちら

>>Glicoが応援するプロテニスプレイヤー 尾﨑里紗選手の「ひき肉たっぷりオムレツ」レシピはこちら

  • LINE