プレスリリース

2018年02月16日
江崎グリコ株式会社

道頓堀グリコサインが特別映像を放映
街から大阪・関西への万博誘致活動を盛り上げます!

 江崎グリコ株式会社は、「2025万博『大阪・関西に来てや!』プロジェクト in ミナミ」(事務局:大阪商工会議所、2025日本万国博覧会誘致委員会)の一環として道頓堀グリコサインにて2018年3月2日(金)から3月11日(日)にわたって特別映像を放映いたします。
 
 1970年の日本万国博覧会の時から大阪の街を彩ってきた道頓堀グリコサインは2025年大阪・関西万博の実現に向けて特別映像を放映し、道頓堀グリコサインならではの発信力を発揮します。

 「2025万博『大阪・関西に来てや!』プロジェクト in ミナミ」は、大阪を代表するシンボルが集結し、万博誘致を街から盛り上げることを活動の中心におくプロジェクトです。道頓堀グリコサインの他に、かに道楽の動くかに看板、くいだおれ太郎が参加し、それぞれ特別な万博仕様になって大阪や関西圏の魅力を発信していきます。
 
 今回の道頓堀グリコサインは、世界中のみなさんに贈るメッセージとして、一部を英語化しております。また、たくさんの方に万博誘致を応援していただければと、放映回数を増やしております。
 
 道頓堀グリコサインは国内の観光客のみならず近年では訪日外国人にも好評です。当社は、その知名度を生かして今後も地域活性化に貢献してまいります。

カテゴリ