プレスリリース

2020年11月20日
江崎グリコ株式会社

江崎グリコは、厚生労働省が実施する
「イクメン企業アワード2020」で理解促進賞を受賞
~「Co(こ)育て(そだて)PROJECT(プロジェクト)」を中心とする
取り組みが対外的にイクメンを応援する活動として表彰されました~

江崎グリコ株式会社は、厚生労働省が実施する「イクメン企業アワード2020」で理解促進賞を受賞しました。「イクメン企業アワード」は、育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備推進を目的に、実施されています。

■選考評価のポイント
◆独自の有給休暇制度「Co(こ)育て(そだて)Month(マンス)(子の出生後6ヶ月以内に1ヶ月の休暇(取得必須))」、「Co育て休暇(不妊治療や孫の学校行事などを含めた、妊娠・育児に関して多目的に使える休暇(任意))」を導入。
◆「Co育てPROJECT」として、「一緒に子育てする」という社会活動を企業として行っており、夫婦で妊娠期から使えるCo育てコミュニケーションアプリ「こぺ」の提供や、「Co育てPROJECT」サイトを会社HPに開設し、父親と子どもが遊べるコツを学ぶことの出来る動画配信などの取組を実施。
◆新型コロナウイルス感染症の状況下においては、パパ・ママを対象に、子育てアドバイザー資格を持つ栄養士によるオンラインでの「乳児用液体ミルクをつかったミルク調乳指導」の実施などの取組を開始。