プレスリリース

2017年11月08日
江崎グリコ株式会社

道頓堀グリコサインが期間限定で特別仕様に
江崎グリコが「世界糖尿病デー」の活動を応援

 江崎グリコ株式会社は、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を喚起する啓発運動「世界糖尿病デー」の活動を応援すべく、道頓堀グリコサイン(場所:大阪市中央区)にて2017年11月7日(火)から14日(火)にわたって期間限定の特別デザインを掲出いたします。
 
 当社は、赤い箱の栄養菓子「グリコ」を創製したときから「食品による国民の体位向上」を社是として人々の心身の健康に貢献することを掲げて企業活動を進めてまいりました。この「グリコ」の外箱に表記したゴールインマークは、子供がかけっこをしてゴールインする姿をヒントにしたものです。その後、この精神を受け継ぎ、1992年には企業理念の「おいしさと健康」を制定。現在もこの企業理念を体現した「SUNAO」「アーモンド効果」「BifiXヨーグルト」など人々が健康な生活を送っていく事を支援する製品を提供しています。
 
 このたび掲出する道頓堀グリコサインのデザインは、ゴールインマークと「世界糖尿病デー」のシンボルであるブルーサークルを組み合わせています。ゴールインマークには「おいしさと健康」への想いが込められており、また「世界糖尿病デー」のシンボルであるブルーサークルのブルーには国連の旗の色を、サークルは団結・生命・健康を意味します。これらが融合したデザインと「世界糖尿病デー」の応援メッセージが、道頓堀グリコサインに表示されます。
 
 道頓堀グリコサインは、日本を代表する観光スポットのひとつとして、多くの旅行者が訪れるほか、近年では訪日外国人にも好評です。当社は、こうした取り組みを通じて「世界糖尿病デー」の認知や理解促進に広く貢献してまいります。

カテゴリ