プレスリリース

2017年03月23日
江崎グリコ株式会社

熊本応援プロジェクト『かみしばいBOX よいこのくまモン劇場』が始動
くまモンと一緒に紙芝居キットの配布スタート
紙芝居キットのお披露目に熊本県知事を表敬訪問

 江崎グリコは3月21日(火)に当社の熊本応援プロジェクト『かみしばいBOX よいこのくまモン劇場』(以下、当プロジェクト)のスタートを記念し、くまモンと共に「かみしばいBOX」を県内の保育園にお届けするとともに、当プロジェクトに関する報告のため、熊本県 蒲島郁夫知事を表敬訪問しました。
 
 当プロジェクトは、子どもの心と体の健やかな成長への願いを原点とし、「おいしさと健康」を企業理念とする当社ならではの熊本支援の取り組みです。「かみしばいBOX」には、熊本の民話「やまのせいくらべ」をベースにくまモンが登場するオリジナルストーリーの紙芝居に、「やさしい甘さのポッキー」をはじめとする当社のお菓子を同梱。箱を開けるとその場で紙芝居が楽しめます。これを当社では熊本県内の被災地域の幼稚園、学童保育、仮設団地の公共施設「みんなの家」の合計で約1,200ヶ所に無償配布します。これらの費用は、「やさしい甘さのポッキー」<ミルクココア>の売上の一部を充当いたします。
 
 3月21日には、当プロジェクトの始動に先駆けて阿蘇こうのとり保育園(熊本県阿蘇郡 西原村)を訪問。「かみしばいBOX」をお届けし、園児たちに実際に読み聞かせを実演しました。また、くまモンがサプライズで登場すると園児たちは大喜びでした。
 
 また、同日には蒲島知事を表敬訪問。当プロジェクトの取り組みをご報告し、「かみしばいBOX」を贈呈しました。当社は、2013年から2015年にかけてくまモンデザインの「子どもポッキー」発売にあたって熊本県にご協力をいただいた経緯があり、お世話になった熊本県への支援策として、この度の熊本応援プロジェクト始動に至りました。
 
 当社は当プロジェクトを通じて、熊本地震により被災した子ども達が心身ともに健やかに、夢に向かって歩んでいけるように、熊本の子どもたちを応援してまいります。

カテゴリ