プレスリリース

2017年03月13日
江崎グリコ株式会社

グリコ独自のビフィズス菌BifiX(ビフィックス)®による
メタボリックシンドローム悪化の抑制に関する実験結果が
科学雑誌『Scientific Reports』に掲載

 江崎グリコ株式会社は、ビフィズス菌BifiX(正式名称:Bifidobacterium animalis ssp. lactis GCL2505株)が腸内細菌を大きく変化させて腸内の酢酸等を増加させることで、メタボリックシンドロームの悪化を抑制することを動物実験で確認しました。この成果は、東海大学 古賀泰裕教授と早稲田大学 服部正平教授との共同研究によるものであり、世界的に権威ある科学雑誌「Nature」の姉妹誌「Scientific Reports」電子版(3月2日付)に掲載されました。

詳細は下記をご覧ください。

カテゴリ