育児に1か月専念!「Co育てMonth」

「Co育てMonth」で社員も組織も共に成長していきたい

2020年1月から、育児に専念する休暇を1ヵ月間取得することを必須化した新制度「Co育てMonth(正式制度名:Co育て出産時休暇)」がスタートしました。スタートに当たり、この制度の目的や取得にあたっての想いを、江崎グリコ常務執行役員 グループ人事部長 村上 泰民さんと、江崎グリコ理事 CSR委員会人財部会長の細川 隆夫さん(※2020年1月取材時)に語ってもらいました。

「Co育てMonth」とは…

0カ月~6カ月の子どもを持つ社員が対象の、1か月の有給扱いの休暇。対象者は取得が必須。2020年1月から運用開始。

「Co育て」を契機に自らライフデザインを描く

―2020年1月より「Co育てMonth」が新設され、1ヵ月の休暇が必須になりました。新制度を設定した目的を教えてください。

(細川さん)Glicoはさまざまなイノベーションを創出するため、多様な人財が活躍できる組織風土の実現を目指しています。そのためには、まずは社員の柔軟な働き方を促すことで個人が成長し、結果として会社全体の生産性につなげることが大事です。この度新設した「Co育てMonth」は、社員が人生をデザインする習慣をサポートする施策のひとつで、働き方を進化させてもらうことを期待しています。
2019年4月より5日間の育休を義務化しましたが、取得した社員に聞くと「通常の有給休暇とあまり変わらない」「子どもと向き合う時間は取れたけど、本格的な育児参画には程遠い」などの声が多数ありました。5日間だと短すぎるため、意識・行動の変化まで至らない人もいたようです。もっと育児参画を積極的に行ってもらおうと「Co育てMonth」を新設しました。

(村上さん)「ダイバーシティ&インクルージョン」の推進は、Glicoだけでなく社会全体の課題でもあります。現代では、多様な個性を持つ人が生き生きと働き、社会で共生し、活躍して成果を上げることが求められています。Glicoは「Co育てPROJECT」を進め、性別・年齢・国籍関わらず、すべての人が育児に参画する社会を創るために一石を投じようと動いています。その一環として、Glicoの社員がCo育てをこれまで以上に実践できるよう、そして社員が自らライフデザインを描く習慣を、会社は積極的にサポートしたいと考えています。その意思表示として、「5日間」ではなく、「1ヵ月」と言う単位にしました。

―Co育てMonthを取得する社員に伝えたいことは何ですか?

(細川さん)多様な価値観に満ちた社会で幸福な人生を送るには、自らが柔軟な価値観を受け入れ、更には新しい価値観を作り上げることが大切。子育ては、生涯でもかけがえのない重要なエポックです。「Co育てMonth」を取得した際には、家庭と向き合って子育てという新たな価値観が生まれると思います。それをぜひ復職後に各自の仕事に生かしてほしいです。

(村上さん)この制度は、自らを、家族を、仕事を、そして人生を見つめ直す良い機会になると思います。家族との絆を深めつつ、仕事や人生を俯瞰的に見ながら本質を理解することができるのではないでしょうか。何年後かに、人生を振り返ったとき、この「Co育てMonth」が大きな意味を持っていたな、ということにしていただきたいですね。

Co育てMonthを取得する社員に伝えたいこと

チームの生産性の向上に期待

―チームのメンバーが「Co育てMonth」を取ることで、どのような組織の変化を期待していますか?

(細川さん)チームで仕事を進めるなか、リーダーは強化しなければいけない業務は何か、やめても差し支えない作業をしていないか、他部門との仕事の割り振り方は適切かなど、業務を常に見直さなければなりません。しかし、日常業務の中で手をつけられないことが多くなると思います。そのような時、「Co育てMonth」をきっかけにして、仕事の見直しが進むことを期待しています。チーム全体の生産性が高まったところへ「Co育てMonth」を終え、新たな価値観を身につけた本人が戻ってきて、新たなイノベーションが生まれる。それが理想ですね。

(村上さん)上司にとっても大きなチャレンジです。休暇取得の際にチーム・組織の問題は必ず出てきます。しかし、そのような問題はどんどん顕在化すべきだと思います。例えば、「この人しかできない」と属人化している業務があれば、標準化し、担当も複数にすることで、フレキシブルなチームを作ってほしいです。そうすると子育て世代だけでなく、多様なバックグランドを持つ優秀な人財が充実し、コラボレーションも活性化して働きやすい組織に進化できると思います。

組織で制度を計画的に支援

―スムーズに「Co育てMonth」を取得するために、取得社員やリーダーが心がけることは?

(村上さん)数ヵ月前から本人はもちろん、会社としても計画的な準備が必要となります。それを進めるにあたっては上司との相談も必要でしょうし、家庭での相談もしていただかなければいけません。休職前にしっかり連携して準備し、業務の効率化を図ったうえで、気兼ねなく堂々と休んで、育児に専念してもらいたいと思います。

(細川さん)まずは、仕事のことだけでなく、仕事以外の自身のことについても、上司やチームメンバーに気楽に相談できる関係がベースになると思います。そして上司は、「イクボス(部下の育児参加に理解のある上司やリーダーのこと)」を目指してもらいたいと考えています。

Co育てPROJECT

「Co育てPROJECT」とは… Glicoは、「Co育てPROJECT」という子育てに関する社会課題解決PROJECTを推進しています。 「Co育てPROJECT」とは、子どものココロとカラダを育てる土壌として妊娠期からの子どもの発育と子育て環境に着目。新しい命を宿した瞬間からはじまる家族のカタチを「Co育て」とし、特に子どもと一番近い父母の育児が、わきあいあいと(Communication)、上手に協力しながら(Cooperation)、一緒に子どもを育てる(Coparenting)ことで、子どものココロとカラダの成長を育む世の中にしていきたいという想いのもと推進しているものです。

タグ #