準チョコレートってなに?チョコレート製品を選ぶ時のポイント

チョコレート製品の違い
SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

子どもから大人までみんなが大好きなお菓子の1つ、チョコレート。ナッツやビスケットと組み合わせたチョコレート製品もたくさん販売されていますね。チョコレート製品にはどんな違いがあるのか、選ぶ時にチェックしたいポイントをご紹介します。

チョコレートって、なにでできているの?

チョコレートは、原料であるカカオ豆をローストしてすり潰したカカオマスに、カカオ豆の脂肪分であるカカオバター、砂糖、ミルクなどが加えられ、実に様々な工程を経て作られています。

チョコレート製品の違い

チョコレート製品とひと言で言っても、チョコレートの分量や他の素材との組み合わせによって、種類があるのはご存知ですか?チョコレート製品は、チョコレート、チョコレート菓子、準チョコレート、準チョコレート菓子の4つに分類することができるのです。

チョコレートと準チョコレート

・チョコレート
カカオ分が35%以上、あるいはカカオ分21%以上でカカオ分と乳固形分の合計が35%以上のチョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

・準チョコレート
カカオ分が15%以上、あるいはカカオ分7%以上かつ乳固形分12.5%以上の準チョコレート生地を全重量の60%以上使用したもののことです。

チョコレート成分グラフ

チョコレート菓子と準チョコレート菓子

・チョコレート菓子
チョコレート生地が全重量の60%未満で、ナッツや、ビスケットなど他の食材と組み合わせたチョコレート加工品のことです。

・準チョコレート菓子
準チョコレート生地が全重量の60%未満で、ナッツや、ビスケットなど他の食材を組み合わせたチョコレート加工品のことです。

チョコレート菓子違い

カカオの味わいをしっかり味わいたい時にはチョコレートを選び、小腹が空いているときにはビスケットやナッツと組みわされたチョコレート菓子などを選んでみるなど、種類の違いにも注目して、今の気分にぴったりなチョコレートを選んでくださいね!

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE