明治時代のアイスは◯◯円!超高級品だったアイスが、家庭のおやつになるまで。

アイスを食べる子供
SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

スーパーやコンビニに行けば、いつでも買うことができる「アイスクリーム」。今でこそ、デザートやおやつとして、みんなが食べられるようになりましたが、実はアイスクリームが初めて日本で登場したころは超高級品だったそうです。今回は、その驚くべき価格や、知られざるアイスの歴史をご紹介します。

江戸時代のイメージ

日本人のアイスデビューは、江戸時代までさかのぼる。

日本人が初めてアイスクリームを食べたのは、江戸時代末期のこと。1860年、日米修好通商条約の書類を交換するため、徳川幕府が派遣した使節団一行が、訪問先のアメリカでアイスクリームを食べたのが最初だといわれています。当時のおやつといえば、桜餅や大福などだったため、冷たくて甘いアイスクリームは衝撃的だったでしょうね!

明治時代、アイスクリーム第一号店がオープン!

明治時代のイメージ

日本で初めてアイスクリームが登場したのは、明治2年のこと。使節団のひとりだった町田房蔵(まちだふさぞう)が、横浜の馬車道通りにアイスクリームのお店「氷水屋」を開店します。原料は牛乳・砂糖・卵黄と、今よりもシンプルなものでしたが、気になるそのお値段は、当時の通貨で2元。現在の価値に換算すると…

約8000円!!!!

小さなガラスの器にひと盛りされたものだったそうですが、かなりの高級商品!そのため、外国人や一部の富裕層にしか売れず、庶民はただ見物するだけだったそうですよ。

やっと庶民も食べられるようになった、大正時代。

大正時代のイメージ

大正時代になると、アイスクリームは喫茶店やレストラン、ホテルなどで提供されはじめ、オシャレなデザートとして多くの人に親しまれるようになります。そして、大正中期にはアイスクリームの工業化がスタート!それまでは外食が主流だったアイスクリームが各家庭でも食べられるようになり、味もチョコレート・ストロベリー・レモンなど多彩に!大正後期には、アイスクリームが一気に普及していきます。

進化する、アイスクリーム。

昭和になると、アイスクリームの形がどんどん進化していきます。今では当たり前のように販売されている「カップアイス」が登場したのも、昭和の初期。その後さらなる進化を遂げ人気を集めたのが、「アイスキャンデー」!シンプルな材料で簡単につくれることから、アイスの主流となりました。
そして、昭和30年代にはサクサク食感で人気の「コーンアイス」が登場!グリコの「ジャイアントコーン」が発売されたのも昭和38年で、当時は「グリココーン」という名前だったんですよ。これくらいの時代になると、昔なつかし、子どものころの記憶がよみがえる!という方も、多くいらっしゃるかもしれませんね。

昭和時代のイメージ

初めはあんなに高級品だったアイスを、こうしてみんなが食べられるようになったのも、長い歴史のなかで技術の進歩があったから。時代背景を知ることで、アイス選びがもっと楽しくなりそうですね♪

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE