毎日続けられる!ひと手間でサッと作れる簡単レシピ第2弾

BifiXヨーグルト、お手軽レシピ②

おなかで増えるビフィズス菌BifiXが摂れて、美味しく手軽に食べられる「BifiXヨーグルト」。

タイプは全部で2タイプあり、なめらかな食感と優しい甘さのプレーンタイプと、果実の食感と香りがアクセントのフルーツタイプがあります。

そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、一工夫することで、カラダが喜ぶヘルシー料理が作れます。

えびとアボカドのBifiXヨーグルトサラダ

えびとアボカドのBifiXヨーグルトサラダ

— 材料(2人分)
BifiXヨーグルト ほんのり甘い加糖:375g 1パック
ゆでえび:80g
アボカド:1/2個
ひよこまめ(ゆでたもの):50g
ミニトマト:4個

— 作り方
①キッチンペーパーを敷いたざるをボウルで受け、BifiXヨーグルトを入れる。ラップをして、冷蔵庫で半日ほど水切りする。(出来上がり約160g)
② ①を大さじ2と、マヨネーズ大さじ1/2 カレー粉、塩各少々をよく混ぜ合わせる。
③ミニトマトは半分に切る。アボカドは2cm角目安に切る。
④ ②③全てをボウルに入れて、よく混ぜ合わせる。

BifiXヨーグルトの塩&オリーブオイルかけ

BifiXヨーグルトの塩&オリーブオイルかけ

— 材料(1人分)
BifiXヨーグルト ほんのり甘い加糖:375g 1パック
オリーブオイル:適量
塩:適量

— 作り方
BifiXヨーグルトをお好みの量、お皿にうつし、オリーブオイルと塩を適量かける。

使ったのはBifiXヨーグルトのほんのり甘い加糖

使ったのはBifiXヨーグルト ほんのり甘い加糖

生きて腸まで届いておなかで増える! Glico独自のビフィズス菌BifiXが気軽に摂れる定番シリーズ。ほのかな甘みがついて、そのまま食べられるプレーンタイプ(加糖)は、寒天を使った固めの食感がおいしさの秘密です。

いかがでしたか?

アレンジ次第ではデザートにもサラダにもなるので、食事を楽しみながら毎日続けることができそうですよね。

>>商品についてはこちら

  • ラーメン好き癒し系ライター

    ラーメン好き癒し系ライター

    木村 明寛