事業紹介

1.商品

[菓子]おいしい時間、めしあがれ

「持つところ」があるポッキーチョコレート独自のアイデアで生まれたロングセラー

「ポッキーチョコレート」

人気製品プリッツにチョコレートをつけてみたら、そんな発想から生まれたのがポッキーチョコレートです。手を汚さず、食べやすいかたちを工夫するうちに、手で持つ部分だけを除いてチョコがけするという斬新なアイデアが生まれました。
以来、食べやすくてユニークなかたちのポッキーは、ロングセラーとして市場を独走。「旅にポッキー」「ポッキー・オン・ザ・ロック」などさまざまな食べ方や食シーンも提案してきました。また、イチゴ味のポッキーや細かく砕いたアーモンドをトッピングしたアーモンドクラッシュポッキーなどいろいろな味のバリエーションも広げています。
小さなお菓子に込められたアイデアが、チョコレートとスナックをひとつにした食べる楽しさにつながり、時代や世代だけでなく、国境を越えて愛されるお菓子になっています。

多様なニーズに対応したブランド戦略

徹底した創意工夫から生まれた製品群は、その独創性ゆえに、永年にわたり多くの人から愛されています。1933(昭和8)年にデビューしたビスコをはじめ、アーモンドチョコレート、プリッツ、カプリコなど、どれも他社がまねできないアイデアで生まれました。
しかし、ヒット製品がロングセラーになるためには、確かな品質とつねに市場を創造し活性化していく取り組みが必要です。グリコは多様化するお客様のニーズに応えるため、主力製品の群開発を展開してきました。製品のグループ力を強化することによって、トップブランドとして市場をリードしています。

大人にも楽しんでほしいお菓子のかたち

「チーザ」

お菓子を食べる歓びを思い出してほしい。そんな思いでグリコは、大人にも食べて楽しんでいただけるお菓子を開発し、新たな食シーンを提案しています。
そのひとつが、グリコが提案するお菓子の新しいかたちで、お酒のおつまみにもなる、大人にも食べていただきたい製品群です。
日本では、アルコールを飲みながら手軽に食べるお菓子といえば、ナッツや珍味、あられなどの米菓が中心です。このような中、アルコールを楽しむシーンにふさわしいかたちと味で2005(平成17)年に登場したのがクラッツです。ビールにあうお菓子として多くの人から賞賛されています。その後もチーズをカリカリに焼いたようなあじわいのチーザと、大人がくつろぐ場所と時間に食べていただきたい製品を発売しています。

健康の歓びをお菓子でも

「ポスカ」

グリコは、お菓子がもつさまざまな機能の研究も進めています。そのひとつが歯の再石灰化を促す素材、POs-Caを含むガム、ポスカです。ポスカをかむことにより、唾液にカルシウムが溶け出し、歯の再結晶化を促し丈夫な歯を保ちます。
ほかにも、口臭の原因にもなる舌の汚れ「舌苔」に着目して開発されたブレオや、「チョコレートを食べるとほっとする」実感から開発されたメンタルバランスチョコレートGABAなど、お菓子を食べる新しい歓びの提案も進めています。

[冷菓]わくわくをひとつひとつに

いろいろなおいしさとかたちでもっと楽しく

「ジャイアントコーン」/「パピコ」

グリコのアイスは、味もかたちも他社にない独自の特長をもっています。
チョコとナッツやクッキーをトッピングし、アイスとコーンの味の変化とハーモニーが楽しめるコーンアイスNo.1のジャイアントコーン、分けて食べられるパピコ、まんまるころころ一口サイズのアイスの実など、どれをとっても独自の市場を築いています。
グリコでは家庭で食べるアイスにも力を入れています。いろいろなブランドのマルチパックで、お客様のニーズに対応しています。
ひとりで食べる、二人で分けて食べる、家族と食べる。グリコならではのアイデアから生まれたアイスを、さまざまなおいしさ、かたち、シーンで、提案しています。

カロリーを意識している人へのプレゼント

「カロリーコントロールアイス」

カロリーを意識している人にも、おいしいアイスを楽しんでほしい。
1個が80キロカロリーで一般的なアイスに比べて低カロリーのカロリーコントロールアイスは、そんな思いから生まれました。
低カロリーの甘味料を使用し、豆腐を原料にすることでなめらかな口どけを実現しています。グリコはさまざまな工夫をこらしたアイデアで、お客様の楽しい暮らしを応援しています。

[加工食品]健康の歓びを食卓に

グリコだからこそ生まれたおいしさの秘密

「プレミアム熟カレー」

カレールウに全く新しい発想、 「一晩ねかせたカレーはおいしい」という実感をもとに開発されたのが熟カレーです。チョコレートやキャラメルをつくるノウハウを持つグリコだからこそできた製法で、熟成されたコクと香りを実現しました。それまでのカレールウでは注目されていなかったコクがお客様に評価され、新しい市場を獲得しました。今は20種の食材&500時間熟成スパイスのプレミアム熟カレーとなり、おいしさに磨きをかけています。
日本人の食生活に欠かせない米飯、特に外食産業で人気の丼に着目し、成熟期を迎えたレトルト市場に一大センセーションを巻き起こしたのがDONBURI亭です。徹底した和のおいしさへのこだわりで圧倒的な支持を得て、トップシェアを維持しています。

いつでもどこでも笑顔のお手伝い

ご飯にかけるだけ。「常備用 カレー職人」は、常温でもカレーソースが滑らかでいつでもどこでも手軽に食べられるレトルトカレーです。もしものときの備えとしてお客様の支持をいただいています。
他にも、辛さにこだわったビーフカレーLEEや調理の簡便化や嗜好の多様化に対応した食品で、食卓を囲む笑顔のお手伝いに取り組んでいます。

[乳製品・デザート]楽しさもおいしさのひとつです

独創性がグリコらしさです

「プッチンプリン」

今や誰もが知っているプッチンプリン。味や食感はもちろん、楽しさを演出する花型の容器、そして何よりも「プッチンと折ってプルンと出る」パッケージ。それらのすべてが結びつき、発売後40年以上を過ぎても食べる楽しさ、食卓でのわくわく感を大切にする製品としてトップブランドの地位を守っています。2012(平成24)年には、プッチンプリンの販売累計個数が、51億個を突破しました。
洋生菓子店のプリンはカラメルが上になり、食べるときに自然とカラメルとカスタードベースが口に入ります。こんなプリンを広くお客様に提供できないか検討していたところ、洋生菓子店の職人が、ゼリーが入った容器を皿に伏せ、容器の底にアイスピックで穴を開け中身をツルンと出すのを見たことがヒントになりました。まったく新しい容器の開発には時間がかかりましたが、担当者はこだわりました。お客様が食べるときの喜びをつねに考えることによって、小さなアイデアが製品につながりました。
その後、スーパーマーケット向けの3個パックやコンビニエンス向けのBigプッチンプリンを開発し、さらに大容量のHappyプッチンプリン、作っても楽しい約1キログラムの手作りプッチンプリンで、食べる歓びと驚きを家庭に届け続け、これからも日本中に笑顔を増やしていきたいと考えています。

2007(平成19)年にデビューしたドロリッチは、グリコがデザートで培ってきた技術を飲料に導入した新しい「飲むスイーツ」として、全く新しいジャンルを築きました。インターネットの交流サイトで、ドロリッチを飲んでいることを「ドロリッチ・ナウ」とつぶやくなど、人と人をつなぐ新しい飲み物として多くのお客様から支持をいただくこともありました。

「おいしさと健康」を体現

「朝食BifiXヨーグルト」

グリコの企業理念は、「おいしさと健康」です。朝食BifiXヨーグルトは、まさにそれを体現した製品です。「おいしさ」は「健康」とならび重要な要素であり、朝食BifiXヨーグルトも健康機能だけでなく誰もがおいしく食べることができるよう、味、香り、食感などに工夫を凝らしています。スプーンでサクッとすくえる固さで、口の中でツルっとなめらかな食感を楽しめます。またフルーツタイプは、フルーツ本来の甘さと香りを引き出せるようすっきりして食べ飽きない味に仕上げています。さまざまな製品が、グリコならではの視点で「おいしさ」を追求しています。

原料がすべてのおいしさのはじまりです

グリコが飲料やデザートに使用するコーヒー豆や果実は、製品にもっとも適したものを世界中から選んでいます。よい原料があると聞けば、現地まで足を運び、農園の環境や果実を自分の目でチェックしアドバイスするなど、現地の人と一緒に原料を開発しています。カフェオーレの深い香りも朝食りんごヨーグルトのシャキシャキ感も、最高の原料に出会えたからこそ実現できたおいしさです。
特選牛乳のふるさとは、乳牛の飼養に最適な、選ばれた高原牧場です。乳質にもっとも影響を与えるのは、乳牛の飼養環境。夏の暑さやストレスに弱い乳牛を、生育環境のもっとも適した涼しい高原で育てたい。ミネラルやたんぱく質の豊富な牧草、土壌の質にもこだわりたい。そんな思いで私たちが選んだのが5つの高原牧場でした。特選牛乳は、お客様の地域にもっとも近い牧場から鮮度を大切にしてお届けしています。

[育児用粉ミルク]赤ちゃんとお母さんの健やかな明日のために

子育て応援企業をめざして

赤ちゃんの健やかな成長とお母さんの健康にお役に立てるように、粉ミルクやスキンケア商品、女性の健康に配慮した製品も製造販売しています。
アイクレオのバランスミルクは、「母乳に近い粉ミルクを」というお母さんの声に応え、赤ちゃんにとって理想栄養である母乳の成分に限りなく近づけるため繰り返し改良を重ねてきました。
この粉ミルクのよさを知っていただくために、子育てアドバイザーの資格をもった栄養士が、お母さん一人ひとりの不安や悩みの相談にこたえ、信頼を得る中で製品のよさを伝え広めています。

[食品原料・ファインケミカル]おいしさの原点を極めて

お客様に満足いただける原料を提供し続けます

グリコは半世紀以上前より「食品原料」を通じて日本の食卓に「おいしさと健康」をお届けしています。
当初、旨味調味料の製造販売から始まった事業は、やがてその原料であった「小麦たん白(グルテン)」そのものを製造販売する事業に変化してきました。グリコの小麦たん白は、食品の食感改良やボリュームアップ、品質改善などの目的で麺、パン、総菜など様々な食品加工メーカーに広くご使用していただており、現在では国内市場でトップシェアを占めるまでとなりました。
その他にも、小麦やタピオカ、馬鈴薯などを由来とする各種「でん粉」や、各種「着色料」の製造販売など、多くの食品原料分野でお客様に満足いただける製品を提供し続けています。
さらに、近年のお客様の多様化するニーズにお応えするとともに新市場を開拓するために、「ファインケミカル素材」をラインナップに加え、世界中の様々な分野でお客様に貢献しています。

独自の製品開発と「安全・安心」な製品で事業を展開していきます

グリコでは独自の研究開発を進めオリジナルな技術を用いた新製品の開発を行うとともに、さまざまなお客様のニーズに対応した用途開発を積極的に進めています。また独自のノウハウを基にした製造管理・品質管理を徹底し、お客様へ「安全・安心」な製品を提供しています。
食品用原料素材においては、グリコの原料事業の起点である小麦たん白「A-グル」をはじめ様々な物性を持ったグルテンを開発し品ぞろえしています。またでん粉では酵素テクノロジーにより今までにない特長を持つ製品の開発に成功し、酵素処理でん粉「ケミスターEシリーズ」として販売しているほか「銀鱗」、「ケミスター」などの各種でん粉をラインアップしています。また紅麹より抽出精製した「モナスカラー」をはじめ「クチナカラー」などバリエーション豊かな着色料、アルコール製剤「E&F」、米粉類などの多くの製品をお客様に提供しており、食品製造業を支える事業を展開しています。
ファインケミカル素材においても、グリコで長年培ってきた独自の糖質研究成果と酵素テクノロジーを中心とする糖質加工技術をもとにした優れた技術基盤から生み出した各種製品を取り扱っています。「クラスター デキストリン」「リン酸化オリゴ糖カルシウム(ポスカ)」「α-アルブチン」「バイオグリコーゲン」「バイオアミロース」などの素材は、安全性データに加え、各種用途での機能性に関する根拠データを兼ね備えています。ファインケミカル素材の持つ機能と品質は、一般食品分野、健康食品や化粧品、日用品、化学工業品、医薬品など、世界中のさまざまな産業分野における高付加価値化や品質向上などに貢献しています。
今後もグリコは自社生産に加え国内外のサプライヤーから幅広く製品や原料調達をグローバルに行い、世界中のお客様のニーズにお応えすべくチャレンジを続けてまいります。

2.販売チャネル

オフィスグリコ

職場でリフレッシュ

オフィスにリフレッシュメントを提供することをコンセプトに、2002(平成14)年から本格的に事業を始めたオフィスグリコは、販売員がオフィスを直接訪問し、お菓子やアイス、飲料を供給し、代金回収を行う新しい発想で生まれた事業です。職場に設置する「リフレッシュボックス」に入れるお菓子やアイスは、経験に裏付けられた商品管理システムで、2007(平成19)年にビジネスモデル特許を取得しました。小腹を満たすだけでなく、職場でお菓子やアイスを介したコミュニケーションが生まれるといった点も高く評価されています。
オフィスでの需要喚起、男性需要の掘り起こしなど菓子市場全体の活性化にもつながる、グリコならではの独創的でユニークなサービスです。 2016(平成28)年6月には、オフィスグリコ事業及び直営店舗事業を行う「グリコチャネルクリエイト株式会社」を設立し、よりいっそうのサービス向上を目指します。

ぐりこ・や / Bâton d'or

グリコが生んだ楽しい売り場

グリコのオリジナル商品を販売する店舗です。「お客様とお菓子の接点を増やし、新たな需要を掘り起こす」という考えのもと、2001(平成13)年から「ぐりこ・や」を、サービスエリアや空港、観光拠点等で展開しています。さらに2012(平成24)年には、お客様が製造過程をガラス越しに見ることができる「ぐりこ・やKitchen」および、材料・製法にとことんこだわった新しいスティック菓子を百貨店で販売する「Bâton d'or」をオープンしました。

セブンティーンアイス

本格的なアイスを自動販売機で

豊富な品ぞろえとファッショナブルなアイスクリームショップの楽しさを、自動販売機で実現したのがセブンティーンアイスです。ワンハンドタイプのアイスは、ボウリング場、スイミングスクールなどを中心に拠点を広げ、アイス自動販売機市場で圧倒的なシェアを誇るトップブランドとして市場をリードしています。

グリコダイレクトショップ

いつでもどこからでもお手軽ショッピング

グリコダイレクトショップは、江崎グリコが運営するオンラインショップです。(http://www.glico-direct.jp/) グリコのたゆまぬ研究にもとづいて開発した独自の健康食品や化粧品をはじめ、母乳に近い粉ミルクや、プレゼントにぴったりなお菓子の詰め合わせをお客様に直接お届けいたします。