プレスリリース

2020年09月30日
江崎グリコ株式会社

コロナ禍における睡眠調査を実施
約8割がコロナ禍での睡眠悩みあり
約6割が「睡眠の質の低下」を実感
良い睡眠のために、2割以上が睡眠前に「ナイトチョコレート」をしている

睡眠の質を高める機能があるγ(ガンマ)-アミノ酪酸(GABA)を配合した「メンタルバランスチョコレート GABA フォースリープ」を展開する江崎グリコ株式会社は、コロナ禍における現在の睡眠実態に関する調査を行いました。
リラックス効果が知られるGABA(γ-アミノ酪酸)成分を含有するチョコレートを食べた経験のある20代〜60代の男女300人を対象に睡眠に関する調査を行った結果、約8割が睡眠に悩みを抱え、約6割が睡眠の質の低下を実感していますが、どうすればいいのか分からないからと放置する人も少なくないようです。主な調査結果は下記「詳細はこちら」よりご覧ください。