プレスリリース

2019年10月16日
江崎グリコ株式会社

人生100年時代を生きる学生たちの健康を
おなかの中から考える産学共創ヘルスケアプロジェクト
「阪大腸活プロジェクト 2019」始動

日本ケロッグ合同会社および江崎グリコ株式会社は、2016年5月に大阪大学において実施した「無料朝食プロジェクト」の枠組みを拡大し、産学共創のヘルスケアプロジェクト「阪大腸活プロジェクト 2019」を10月16日(水)よりスタートいたしました。


本プロジェクトは、“人生100年時代を生き抜く健康リテラシーの向上”を目的に、大阪大学生による本格的な腸活実践グループ「阪大 腸活部」による活動を軸として、腸内細菌の栄養となる食物繊維などのプレバイオティクスと、ビフィズス菌や乳酸菌などのプロバイオティクスの摂取による正しい腸活習慣の定着を阪大生に促すことを目指すものです。10月16日(水)から10月31日(木)の約2週間、豊中キャンパス図書館下食堂において毎朝限定150食の「阪大無料腸食セット」(※ケロッグの腸活シリアル「オールブラン フルーミックス」とグリコ「BifiXヨーグルト」を中心とした腸活セットメニュー)を提供し、阪大生の食生活に不足しがちな食物繊維などの栄養をサポートいたします。

さらに、普段意識することの難しい「腸の健康」への意識向上を目的に、「阪大腸活部」が独自に考案した「阪大 腸活メソッド」にもとづき、学内公募から選ばれた一般阪大生約50名が参加する「阪大腸活チャレンジ」も開催。チャレンジでは、コニカミノルタと大阪大学工学研究科の共同研究により開発された腸内細菌検査サービス「PonPon CODE(ポンポンコード)」を活用し、継続的な腸活により変化する腸内環境の「見える化」を行います。さらに阪大腸活部公式ツイッター(https://twitter.com/choukatubu)を通じた情報発信や、食堂内のトレイを利用した啓発ステッカーの掲出など、阪大生の生活動線において「腸活」への気付きを促す様々な仕組みを展開します。

カテゴリ