プレスリリース

2017年07月31日
江崎グリコ株式会社

お菓子で学習できる無料アプリのプログラミング教材
「GLICODE(グリコード)®」英語版を7月31日(月)より提供開始
さらに学習効果を高めるアップデートも実施

 江崎グリコ株式会社は、昨年開発したお菓子でプログラミング学習ができる無料教材アプリ「GLICODE®(以下、グリコ―ド)」の英語版を2017年7月31日(月)より提供開始※1いたします。同時に、学習効果をさらに高めるために使用するお菓子を3つから1つ(ポッキー)に変更するなどの仕様変更を実施します。
 
 当社は、難解に思われがちなプログラミングを小学校低学年でも親しみながら学習できるアプリケーションとして、2016年8月より「グリコード」の提供を開始。総務省が若年層に対するプログラミング教育を推進する、平成28年度「プログラミング教育実施モデル 実証事業」に選定され、教育現場の反響などを収集する一方で、海外で盛んなプログラミング関連のイベント※2に参加し、ワークショップの開催を通して、国内外より大変ご好評いただきました。また、世界三大広告賞の一つであるカンヌライオンズで2017年度PR部門、モバイル部門でもブロンズ(銅賞)を受賞しています。
 
 英語版「グリコード」は、国内外からの当社への英語版作成のご要望を数多くいただいたことから、このたび提供を開始することとなりました。英語化に加えて、国内における実証実験や教育現場の声を反映し、アプリケーションの仕様を大幅に変更しました。学習効果を高めるために、利用するお菓子を三つ(ポッキー、ビスコ、アーモンドピーク)から一つ(ポッキー)に仕様を変更したほか、プログラミングで必要とされる基礎的な考え方の習得を目指し、「SEQUENCE(順番に実行)」「LOOP(繰り返し)」「IF(場合分け)」を一つずつ学べる基本ステージと、それぞれを組み合わせて学ぶ応用ステージに内容を整理、さらには上達レベルを可視化できる学習進捗チェック表「がくしゅうレベル」を追加しました。なお、日本語版「グリコード」についても、このたびの英語版の提供に合わせて同様の仕様に変更し、同時に提供開始(アップデート)いたします。
 
 また、これまでの総務省の取組みに加え、一般社団法人みんなのコードと体験授業を通じた学校現場でのヒアリングの実施、さらには、畿央大学大学院教育学研究科 西端律子教授、大阪教育大学 情報処理センター 尾崎拓郎助教と「グリコード」を活用したプログラミング教育(義務教育)に関する共同研究を開始します。
 
 当社は、今後も「グリコード」を通じて、若年層へのプログラミング教育に貢献し、次代を担う世界中の子どもたちの健やかな成長を応援します。

※1 7月31日(月)15時以降公開、日本語版・英語版共、同時リリースとなります。Android、iOS共に対応。
※2 米国SXSW EDU等に参加。

カテゴリ