プレスリリース

2016年11月16日
江崎グリコ株式会社

冷菓事業の海外展開を拡大
インドネシアで冷菓事業を開始

 江崎グリコ株式会社は、インドネシアにおいて、本日より冷菓(アイス)事業を開始します。当社冷菓事業の海外展開は、2016年1月のタイでの製造販売に次ぐものです。
 2013年に、当社は同国で食品・日用品大手のWINGSグループ(以下、ウイングスグループ)の投資会社PT. Mitrajaya Ekapranaと、現地向けの冷菓を製造、販売する合弁会社PT. Glico-Wings(以下、グリコウイングス社)を設立しました。その後、グリコウイングス社は、工場建設や現地向け製品のマーケティング調査などを進めてまいりました。
 この度、グリコウイングス社が製造、販売する製品は、全て現地向けのオリジナル製品であり、『Waku Waku(ワクワク)』、『Jcone(ジェイコーン)』、『Frostbite(フロストバイト)』、『Haku(ハク)』の4ブランド全16品目です。また、全品「インドネシアハラール認証※1」を取得しています。本製品は、当社がグリコウイングス社に対して、製造における技術支援とマーケティング支援を行い、グリコウイングス社は製造および現地におけるマーケティング、そしてウイングスグループが有する販売網を使って販売してまいります。
 現在、当社は菓子事業を核に、2016年1月よりタイで冷菓事業にも参入するなどグローバル展開を加速しております。今後も東南アジアにおける事業の拡大に積極的に取り組んでまいります。

カテゴリ