「食べる」と「遊ぶ」を一箱に!グリコの歴代おもちゃを振り返る

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「食べながら遊び、遊びながら食べている。どちらか一方だけでは満足しない、それが子どもの世界」。『食べる』と『遊ぶ』を子どもの二大天職と考えた創業者江崎利一が考えついたのは、その2つを一体化することでした。栄養菓子グリコが健康な身体をつくり、おもちゃが豊かなこころを育んでくれますように。子どもを想う気持ちから、おもちゃ入りグリコは誕生しました。だから、 オマケじゃなくて「おもちゃ」。

大正~昭和、平成と、これまでに生み出されたおもちゃは約3万種類、その数なんと約55億個!一つひとつの素材やテーマは、その時代の経済や文化、家族の暮らしぶりを映しだす鏡。その極小の世界は、子どもの頃の自分に戻れるタイムマシンのようなもの。

「あ、そういえばこのおもちゃ、どこかで見たかも」
あなたの家の片隅に、机の引き出しの奥に、小さなおもちゃが眠っていませんか?

はじまりは、1922(大正11)年の「絵カード」から

子どもの愛らしさが全面に表現された「絵カード」は、グリコのおもちゃのルーツとも言えるものです。これは当時のたばこ「サンライズ」に入っていた美人画をヒントに、子どもたちの様子を描いたもの。大正時代の体操服や髪飾りがなんともレトロ!さらによく見ると「グリコ一粒三百メートル」「たのしいグリコでレコードつくる」「グリコのげんきでトブわトブわ」など、愉快ななキャッチコピーが躍っています。子どもの成長を『食べる』と『遊ぶ』で手助けしたい。そんな“グリコの精神”がここにもしっかりと息づいています。

「大正デモクラシー」の自由な雰囲気の中で子ども達の遊びも多様化し、メンコやベーゴマ、ビー玉遊びが流行した時代。元気いっぱいのこの絵カードからも、当時のハイカラな暮らしぶりをうかがい知ることができます。

おもちゃ小箱登場。メダルのおもちゃを造幣局に発注?!

栄養菓子「グリコ」に、発売当初は「絵カード」を、やがて1927(昭和2)年から小さなおもちゃが入れられました。最初は市販の豆玩具(まめがんぐ)が中心でしたが、1929(昭和4)年に「おもちゃ小箱」が登場し、オリジナルのおもちゃへと徐々に発展、封入できるおもちゃの種類も増えていきます。中でも人気を呼んだのはメダル。歴史上の英雄などのヒーローをモチーフとした銅製のメダルは子どもたちの間で大人気となり、グリコのおもちゃを広く知らしめる存在となりました。

さらに、グリコは良質なメダルを子供たちに届けようと、1930(昭和5)年には造幣局に頼み込み、60万個を発注!“おもちゃ”に真剣に向き合う意気込みに、造幣局の方々も驚きを隠せなかったそうです。造幣局の年史をめくると、華やかな勲章や金貨の歴史と並んで「グリコのおもちゃを製造」という項目を発見!そこにはメダルのおもちゃとグリコのパッケージがお行儀よく並んで紹介されているのでした。

  • 2児の母ライター&エディター

    高橋 弥生

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE