コーヒーゼリーは、万能デザート!?

コーヒーゼリーは、万能デザート!?
SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ほろ苦いゼリーと、甘いクリームの組み合わせが絶妙すぎる…。そう、みなさんも一度は食べたことがあるであろう、コーヒーゼリーです。小さい頃は、大人が食べているのを見て、はやく私も食べられるようになりたいな!って、憧れを抱いたものでした。

今回は、そんなコーヒーゼリーにまつわる秘話をご紹介。とっても、奥深いデザートなんですよ。

コーヒー豆

祝!日本で食べるコーヒーが誕生。

コーヒーゼリーの起源は海外とされ諸説あるのですが、日本で初めてそのレシピが公になったのは、大正時代。1914(大正3)年、4月3日の新聞記事に掲載されたのが始まりなのだとか。
そして、日本で初めてコーヒーゼリーを販売したのが、コーヒーショップ「ミカド珈琲」とされています。1963(昭和38)年に、軽井沢で夏だけ営業していた喫茶店で、「食べるコーヒー」として大ヒットしたそうです。夏場に、冷たくてほろ苦甘いデザートって、至福のひとときになったんでしょうね!

祝!日本で食べるコーヒーが誕生。

海外の反応は…?

日本人にとっては馴染みのあるデザートですが、実は、海外では一般的ではありません。コーヒーゼリーというデザートを知らない人が多いため、初めて食べる人はそのおいしさに驚くそうです!また、動画でレシピを公開すると、900件以上のコメントがあったりと、反応が凄まじいんだとか。たとえば、どんなコメントがあったかというと…

アメリカ:食べた感想を言わせてもらえば、今まで食べたもので一番おいしい食べ物だよ。
インドネシア:日本で食べたコンビニのコーヒーゼリーがおいしかった。
ブラジル:お気に入りのデザート。簡単でおいしいんだよね。

といった、味の感想もあれば…

インド:シナモンパウダーをかけてもいい?
アメリカ:これをトーストに塗れば、飲むのと食べるので2通り楽しめる。

といった、新しい食べ方の提案まで!といった、新しい食べ方の提案まで!海外で生まれたデザートが、日本独自に発展を遂げ、海外の人たちに受け入れられている……とても不思議ですよね。

海外の反応は…?

デザートだけじゃない!?コーヒーゼリーの意外な活用法。

人気のコーヒーショップのメニューにも登場したりと、ふたたび話題となっているコーヒーゼリー。「コーヒーゼリー=デザート」というのが一般的な考えだと思うのですが、実は「料理」にも使えます!それが…


餃子の隠し味!!!

デザートだけじゃない!?コーヒーゼリーの意外な活用法。

え、餃子!?と驚くのは、たぶんアナタだけではありません。実は、あるテレビ番組でも「餃子の隠し味にコーヒーゼリーを入れると、信じられないくらいおいしくなる」という情報が流れているんです。
作り方は、とっても簡単!いつもの手順で餃子の餡をつくり、最後にコーヒーゼリーを入れて、混ぜ合わせます。色は、通常よりもちょっと茶色っ気があって、ツヤツヤしていますが大丈夫。皮に包んで焼けば、「ぱりっと焼き餃子〜コーヒーゼリーの風味を添えて〜」のできあがり!
ゼリーの水分が加わることで、ふつうの餃子よりもジューシーなんだとか。コーヒーゼリーの苦みがコクとなって、おいしいそうですよ。ぜひお試しあれ!

コーヒーゼリーを作ってみよう!

コーヒーゼリーにまつわる秘話をご紹介したところで、次はコーヒーゼリーの作り方です。とにかく、かんたんでおいしいので、おうちで作ってみてください!

約240cc分(2~3人分)
①ゼラチン小さじ2杯弱を、大さじ3杯の水でよく溶いておく。
②コーヒーを200cc抽出する。
※ゼリーに甘みをつけたいときは、ここで砂糖を適量入れて溶かす。
③ ①を②の中に入れてよく混ぜる。
④型に注ぎ入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やしてできあがり!

コーヒーゼリーを作ってみよう!

砂糖を入れずに作れば、低カロリーデザートに!これならダイエット中でも、安心してデザートが楽しめますね♪

本格派のコーヒーゼリーが食べたいなら、「カフェゼリー」!

作るのは面倒だけど、おいしいコーヒーゼリーを家でも食べたい!そんなアナタの欲を満たしてくれるのが、Glicoの「カフェゼリー」。

本格派のコーヒーゼリーが食べたいなら、「カフェゼリー」!

1979年のデビュー以来、35年以上も愛されているロングセラー商品!馴染みのある方も多いかもしれませんが、実は、2015年に「プレミアム版」として、大人向けにリニューアルしました。
原料となるコーヒー豆には、良質な甘酸っぱい香りと、キレのいい酸味が特徴の「キリマンジャロ」を50%使用。そこに、やわらかい風味をもつ「コロンビアスプレモ」などを加え、より香り高い味わいに!
そして、コーヒーゼリーのお楽しみのひとつである付属のクリームは、コーヒーの味と香りを引き立てるように、バター・練乳・ラム酒を使って、濃厚かつキレのいいクリームに仕上がっています。

「昔はよく食べていたけど、最近は食べていないなあ。」
そんな方にお試しいただきたい、昔とはひと味違う、カフェゼリー。
リラックスしたいときや、ちょっとひと息つきたいときにもオススメの、生まれ変わったリッチな味をお楽しみください♪

昔とはひと味違う、カフェゼリー。

>>「カフェゼリー」の商品ページはこちら

>>「とろ〜りクリームon」の商品ページはこちら

  • 走るの大好きコピーライター

    走るの大好きコピーライター

    西道紗恵

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE