夏の努力が水の泡?!食欲の秋に食事制限はしたくないっ!

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

ようやく残暑もおさまって、過ごしやすい秋が到来。「食欲の秋」と言われるように、ついつい食べ過ぎてしまう方が多いのではないでしょうか。“自分の体型”を意識する機会の多い夏。目標を立ててダイエットに励んだのに、気づいたらリバウンドしていた…という不安を持つ方も少なくないようです。
そこで今回は、この夏ダイエットに成功した方(20代〜40代の男女500名)を対象に、「秋リバウンド」についての調査を行いました。

[江崎グリコによるインターネット調査概要]
調査名:「秋のリバウンド」に関する調査
調査期間:2015年8月11日(火)〜8月12日(水)
調査対象:「今年の夏、ダイエットに成功した」と回答した20代〜40代の男女500名 ※性年代別均等割付 

リバウンド経験者の7割が「秋リバウンド」に苦戦

まずは、夏ダイエットの成功者に“成功の秘訣”を聞いてみました。
・「周囲に大々的にダイエットを宣言!後戻りできないように自分を追い込んだ」(46歳・男性)
・「いかに自分がストイックになれるか」(20歳・女性)
結果、「自分を追い込むことがダイエットの成功を左右する」という、なかなか出来るようで出来ない難易度の高い回答が多く見受けられました。

そんな、苦しいダイエットを乗り越えた成功者たち。実は4割近くの方が体重維持に自信がないというのです!また、今夏以降さらに体重を落とす事に対しても半数以上の方が「自信がない」と答え、ダイエットの維持と継続は難しいと考える成功者は少なくないようです。

そこで、“夏ダイエットの成功者”たちに過去のリバウンド経験についても伺いました。すると、全体の69%にあたるリバウンド経験者のうち、約7割近くが“秋リバウンド”を経験。さらに、リバウンドの理由として86%もの方が「食べ物の誘惑に負けた」というのです。
「食欲の秋」といわれる今の季節。「食べたい」という気持ちに対して、しっかりと対策をとることが、リバウンド防止のコツであるといえるでしょう。

ダイエッターの大敵?!3大誘惑メニューとは

ダイエッターにとって、一番辛い「食べ物の誘惑」。ついつい食べたくなってしまうメニューについても伺うと…
1位「麺類」(パスタ、うどん、ラーメンなど)56%
2位「ご飯もの」(カレーライス、チャーハン、おにぎりなど)54%
3位「スイーツ」52%
(複数回答)
という結果に。
炭水化物が多く含まれる「麺類」「ご飯もの」「スイーツ」は、ダイエット中の3大誘惑メニューなのかもしれません。

「糖質制限」で、食べ物の誘惑に対抗しよう!

食べ物の誘惑に苦戦するダイエッターたち。そこで、これらに対抗する食事方法として「効果がありそう」と高い支持を受けたのが『糖質制限』(51%)です。これは、炭水化物を食物繊維などに置き換え、糖質の摂取を減らします。しかし、日本人の主食として馴染みの深い食材から離れることは、なかなか難しいですよね。実際、「我慢を強いられるネガティブなイメージ」(37歳・女性)と答える方もいらっしゃいました。

しかし、実際に行われる糖質制限は、「糖質を全てカットする(糖質カット)」ではなく、「糖質の摂取を減らす(糖質オフ)」こと。炭水化物を野菜などに置き換えてしっかりと食事を摂ることで、継続的なダイエットが可能となります。
そんなときには、「グリコ糖質offキッチン」や「カロリーコントロールアイス」もおすすめです。

「糖質カット」よりも実はゆるく実行できる「糖質制限」。秋リバウンドの対策として取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • アニメと音楽が好きなパーティーピーポー系ディレクター

    坂本有里

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE