なぜ?なに?コーナー

牛乳・加工乳・乳飲料の違いは何ですか?

牛乳
しぼったままの牛の乳(生乳)を加熱殺菌したもので、水や添加物を混ぜることは一切禁じられています。

加工乳
濃厚ミルクや低脂肪乳といった商品名で売られているものがこれに当たります。牛乳分であるクリームや脱脂粉乳、バターを使用し成分を調整したものです。

乳飲料
原料は乳製品を主体としたものですが、栄養強化や嗜好性向上のため牛乳由来以外の成分も使用したものです。Glicoの商品では「カルシウムと鉄分の多いミルク」や「カフェオーレ」がこれにあたります。「カルシウムと鉄分の多いミルク」にはビタミンDやセルロースといった、牛乳本来の成分以外を一部使用していますので乳飲料の範疇に入ります。

乳等省令・公正競争規約で定められている牛乳・加工乳・乳飲料の成分規格は以下の通りです。

成分

種類 乳脂肪分 無脂乳固形分
牛乳 3.0%以上 8.0%以上
加工乳 8.0%以上
乳飲料 乳固形分3.0%以上 乳固形分3.0%以上

衛生基準

種類 細菌数(1ml中) 大腸菌群
牛乳 5万以下 陰性
加工乳 5万以下 陰性
乳飲料 3万以下 陰性

よくある質問