コーポレートガバナンスへの基本的な考え方

1.基本的な考え方

江崎グリコグループは、「企業理念」および「Glicoスピリット」に基づき、株主をはじめとする全てのステークホルダーにとって当社が持続的に成長すること、中長期的な企業価値を向上させること、また経営の透明性・効率性を向上させることを基本方針とし、コーポレートガバナンスの継続的な充実に取り組みます。今後、本基本方針を改訂した場合には、適時適切にその内容を公表します。

2.基本方針

(1)株主の皆様の権利の尊重・平等性の確保に努めます。
(2)株主の皆様を含む当社のステークホルダー(お客様、取引先、債権者、地域社会、従業員等)との適切な協働に努め、良好・円滑な関係を構築します。
(3)会社情報の適切な情報開示と透明性を確保します。
(4)透明・公正かつ迅速・果断な意思決定を行うため、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努めます。
(5)株主の皆様との建設的な対話に努めます。

3.コーポレートガバナンス報告書

■沈黙期間について
当社では、決算情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算締日の10日前~決算発表当日までを「沈黙期間」とし、この期間は決算に関するコメントや質問への回答を差し控えます。
ただし、この期間に業績予想が大きく変動する見込みが生じた時には、適時開示規則に従い情報開示を行います。なお、この期間であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応いたします。
■免責事項
「IR・会社情報」ウェブページのいかなる情報も、当社株式の購入や売却などを勧誘するものではなく、またこれらに関する投資アドバイス目的で作成されたものではありません。 当社は、本ウェブページの情報及び本ウェブページからリンクが設定されている他のウェブページの情報に関し、いかなる保証をするものではなく、これらの情報やデータのダウンロード等によって被ったいかなる損害についても、 当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。また、投資に関する決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いします。