セグメント別売上高の概況

セグメント別売上高の概況

セグメント別売上高とその割合(2017年度)

セグメント別売上高の推移

(単位:百万円)

2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017年度
菓子部門 101,076 113,757 121,157 121,116 124,946
冷菓部門 70,305 73,808 81,004 92,416 87,866
食品部門 22,464 22,313 20,183 20,220 20,461
牛乳・乳製品部門 91,687 94,389 97,821 94,871 94,383
畜産加工品部門 15,328 - - - -
食品原料部門 9,060 9,463 10,242 10,434 10,747
その他 5,475 5,659 8,029 14,158 15,026

※食品原料事業部は2012年4月2日で会社分割を行い、「グリコ栄養食品株式会社」となりました。
※畜産加工品事業部を行っていたグリコハム(株)の全株式を2014年1月14日に譲渡したため、当連結会計年度に畜産加工品部門はありません。

菓子部門

2017年度の概況

売上面では、国内は系列品を拡大した“ビスコ”や“LIBERA(リベラ)”“GABA(ギャバ)”等のチョコレート製品が前年同期を上回り、全体では前年同期を上回りました。海外もほぼすべての子会社で前年同期を上回りました。その結果、当連結会計年度の売上高は124,946百万円となり、前年同期(121,116百万円)に比べ3.2%の増収となりました。

冷菓部門

2017年度の概況

売上面では、“パピコ”“牧場しぼり”等が前年同期を上回りました。一方、卸売販売子会社の売上は、得意先の帳合変更の影響等により前年同期を下回りました。その結果、当連結会計年度の売上高は87,866百万円となり、前年同期(92,416百万円)に比べ4.9%の減収となりました。

食品部門

2017年度の概況

売上面では、“プレミアム熟カレー”等が前年同期を下回りましたが、“DONBURI亭”“カレー職人”等は前年同期を上回りました。その結果、当連結会計年度の売上高は20,461百万円となり、前年同期(20,220百万円)に比べ1.2%の増収となりました。

牛乳・乳製品部門

2017年度の概況

売上面では、“朝食りんごヨーグルト”等は前年同期を上回りましたが、“BifiXヨーグルト”“カフェオーレ”、キリンビバレッジ(株)の受託販売等が前年同期を下回りました。その結果、当連結会計年度の売上高は94,383百万円となり、前年同期(94,871百万円)に比べ0.5%の減収となりました

食品原料部門

2017年度の概況

売上面では、“A-グル”「ファインケミカル」等が前年同期を上回りました。その結果、当連結会計年度の売上高は10,747百万円となり、前年同期(10,434百万円)に比べ3.0%の増収となりました。

■沈黙期間について
当社では、決算情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算締日の10日前~決算発表当日までを「沈黙期間」とし、この期間は決算に関するコメントや質問への回答を差し控えます。
ただし、この期間に業績予想が大きく変動する見込みが生じた時には、適時開示規則に従い情報開示を行います。なお、この期間であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応いたします。
■免責事項
「IR・会社情報」ウェブページのいかなる情報も、当社株式の購入や売却などを勧誘するものではなく、またこれらに関する投資アドバイス目的で作成されたものではありません。 当社は、本ウェブページの情報及び本ウェブページからリンクが設定されている他のウェブページの情報に関し、いかなる保証をするものではなく、これらの情報やデータのダウンロード等によって被ったいかなる損害についても、 当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。また、投資に関する決定は利用者ご自身の判断において行われるようお願いします。