SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter

天草へ行ったらサンタさんたちが会議してた

やってきました。熊本県天草市。世界中の公認サンタクロースが一堂に会する世界サンタクロース会議の開催地です!……と、言われても「サンタさんたちが会議?天草で?」「なぜ?」と不思議に思う方も多いでしょう。そこで今回、大阪での密着に続いて、2015年9月13日に行われた「第3回世界サンタクロース会議in天草」にも同行し、密着取材を敢行。どこよりも詳しい(!?)レポートをお届けします。

↑陽気なサンタさんからのスペシャルプレゼント!「Ho Ho Ho~!(リアルダンシングサンタだよー!)」

〈保存方法〉
・パソコンの方はデスクトップへドラッグ&ドロップ
・スマートフォンの方はアニメーションを長押しして保存
・Twitterから保存したアニメーションを選択・投稿

みんなでシェアしてクリスマス気分を盛り上げよう!

あれ?どこからともなくあの声が……

「第3回世界サンタクロース会議in天草」の会場となるのは、天草市本渡町にある西の久保公園。現地に到着してみると、広い公園の敷地に食べもの屋さんや雑貨屋さんのテントがズラリと並んで、会議というよりお祭りの雰囲気。なんだかワクワクします。ただ、赤い服を着た人は見かけるのですがサンタさんの姿が見当たらない……。と思っていたら、どこからともなく「Ho Ho Ho~!」の声が!芝生で遊んでいた子どもたちも気がついたようで、声の聞こえる方向に走っていきます。さあ、サンタさんの登場です!

↑ベルの音とともに登場したのは日本とデンマークのサンタさん。

↑ゆっくり歩くサンタさん。入場というよりお散歩な感じが微笑ましいです。

↑サンタさん着席。いよいよ開会宣言です!

会議が始まるかと思いきや、日本代表選考会がスタート!?

小山薫堂さん、中村五木市長、公認サンタクロース・パラダイス山元さんの挨拶とともに開会宣言がなされた「第3回世界サンタクロース会議in天草」。なのですが、まず行われたのは「サンタウィンターゲーム世界大会日本代表選考会」。次世代のサンタさんを目指す強者たちがスウェーデンで開催される世界大会への参加権をかけ、さまざまな競技に挑戦します。まずは体力測定。

↑みんなで丘の上のスタート地点へ移動。

↑体力測定の説明を受ける選手たち。煙突の高さは2.8m!

↑みんなで丘の上のスタート地点へ移動。

↑体力測定開始!まずはソリで斜面をすべり降ります。

↑丘を降りたらプレゼント袋を持ってダッシュ。笑顔も忘れずに!

↑煙突に登って大きな声で「Ho Ho Ho~!」。

↑その次はお馴染みパン食い競争にチャレンジ。

↑パンをゲットしたら袋に両足を入れてピョンピョン。こ、転びそう!

↑最後にプレゼントを入れた袋を箱に投げ……あっ!

↑箱に入れば見事ゴール!

競技・審査はまだまだ続きます

続いては、身だしなみ&「Ho Ho Ho~!」の発声チェック。ステージに上がり、自分がどれだかサンタさんにふさわしいかを審査員の公認サンタクロースにアピールします。

↑陽気なサンタさんも審査中は真剣。厳しい目でチェックします。

↑とびきり大きな声で「Ho Ho Ho~!」。

↑順番を待つ選手たちは少し緊張している様子。

公認サンタクロースの厳しい審査の後は、再び体力系の競技へ。プレゼント袋の遠投に挑戦です

↑男性は5kg、女性は3kgのプレゼント袋を投げます!

↑投げます!

「サンタさんのおやつタイム」という名の最後の試練

体力測定、身だしなみ&「Ho Ho Ho~!」の発声チェック、プレゼント袋の遠投が終了し、いよいよ最後の競技です。その名もサンタさんのおやつタイム。公認サンタクロース日本代表の公認お菓子「ビスコ」をどれだけたくさん食べられるかを競います。

↑一斉にビスコを食べる選手たち。

↑食べる、食べる、とにかく食べる!その表情は真剣そのもの。

続々と完食する選手たち。クリスマスイブの夜、プレゼントを配りに行った際、子どもの枕元にはサンタさんへの手紙と、お礼のお菓子が用意されています。それを残さず平らげて、急いで次のお家へ行かなければならないので、こうした競技が行われているのです。ここでようやく「選手のみなさん、お疲れさまでしたー」のアナウンス。いや〜、サンタさんを目指すのは簡単なことではありませんね。これだけの競技を全力でやり切った選手のみなさんの本気に、会場からは大きな拍手が送られました。この後集計が行われ、優勝者の発表があるとのこと。誰が優勝するのか気になりますが、ひとまずみなさん、本当にお疲れさまです!

サンタさんの休憩タイム

「サンタウィンターゲーム世界大会日本代表選考会」の後はちょっと休憩。お店めぐりをしたり、食事をしたり、サンタさんも選手もお客さんも、思い思いの時間を過ごします

↑休憩中もサンタさんは大人気。あちこちから声をかけられます。

↑「サンタさんだー!」駆け寄ってきたお客さんと笑顔でハイタッチ。

↑「サインください!」とTシャツにサインしてもらう人も。

↑デンマークの公認サンタクロースのお孫さんは、日本のよい子にフェイスペイントをプレゼントしていました。

↑この日の気温は約27℃。さすがのサンタさんもちょっとお疲れ!?

↑サンタさん公認お菓子「ビスコ」のテントも盛況です。

↑お菓子好きのサンタさんがテントに立ち寄ってくれました!

↑休憩中にいろいろな国のサンタさんに出会えました。左からデンマーク、ドイツ、スウェーデン、アメリカ、フランスのサンタさんです。

お祭りムードから一変、会議モードに!

お店めぐりを楽しんだ後は、いよいよ世界サンタクロース会議です。会議場であるステージに公認サンタクロースが集まり、審議に迷惑をかけないよう「携帯電話はマナーモードに」のアナウンス。会場は一気に会議モードへ。会議ではクリスマスにまつわるさまざまな議案が審議されるのですが、サンタさんの言語はすべて「Ho Ho Ho~!」。理解できるのか不安でしたが、いざ審議がはじまると賛成のときは笑顔で「Ho Ho Ho~!(いいね!)」、いまいちのときはノーリアクションのサンタさん。わかりやすい(笑)。子どもも大人も集まった人はみんな、興味深げにサンタさんの会議を見つめていました。

↑天草産の陶石を使ってつくられた2015イヤープレートを「公認」するか審議中。

↑サンタさんから「Ho Ho Ho~!(かわいいねー)」の声。見事公認になりました!

↑サンタさん公認お菓子「ビスコ」も公認継続が決定!

会議では「サンタウィンターゲーム世界大会日本代表選考会」の優勝者の発表も行われました。今回見事優勝したのは、ゼッケン10番の選手。実はこの方、昨年の日本&世界のWチャンピオン。強いわけです。表彰式ではスウェーデン行きのチケットを掲げ、世界大会での連覇を約束してくれました。

↑優勝発表の瞬間。うれしさのあまり公認サンタクロースに駆け寄ってハグする選手。

↑連覇、おめでとうございます!

サンタさん、幸せな時間をありがとう

そろそろ「第3回世界サンタクロース会議in天草」も終わりの時間です。9月と言えど今日は1日中夏日のお天気。汗だくで大変なはずなのに、どんなときも陽気なスマイルと「Ho Ho Ho~!」でみんなを楽しませてくれたサンタさん、サンタさんになりたいという本気の気持ちを見せてくれた選手たち。ただただ人を喜ばせたいというみなさんの温かくて優しい気持ちに包まれ、とても幸せな時間を過ごすことができました。


「サンタさん、ありがとう!」

会場に来た多くの人がその言葉といっしょにサンタさんと選手のみなさんに大きな拍手を送る中、「第3回世界サンタクロース会議in天草」は終了しました。

↑大きな拍手とともに会場を後にするサンタさん。のはずが、なかなか帰れません(笑)

↑こちらでもサインしたりカメラにポーズをとったり。やっぱり帰れません。

↑大きな拍手とともに会場を後にするサンタさん。のはずが、なかなか帰れません(笑)

↑こちらでもサインしたりカメラにポーズをとったり。やっぱり帰れません。

帰り道でも声をかけられたら立ち止まってサインをしたり、写真撮影をしたりとどこまでも優しいサンタさん。これからも世界中の人のために夢と希望を運んできくださいね。今日は幸せでした。サンタさん、ありがとう!

【アジア唯一の開催地に熊本県天草市が選ばれたステキな理由】

世界サンタクロース会議が初めて開かれたのは1957年。グリーンランド国際サンタクロース協会が本部を置く、デンマークの首都コペンハーゲンで行われました。その後もこの会議は毎年開催されていて、年に1回、協会が認める世界中の公認サンタクロースが真夏のコペンハーゲンに集まり、「現代の煙突の広さ」や「トナカイの減少によるプレゼント輸送の代替え手段の確保」などクリスマスにまつわるさまざまな問題を討議しています。

今回密着した「世界サンタクロース会議in天草」は、そんな歴史ある会議の一つであり、アジアで唯一開催されている世界サンタクロース会議。天草市には、禁教令が敷かれた困難な時代でも「霜月祭」と名前を変え、約450年間にわたってクリスマスを祝い続けてきた歴史があることから、サンタさんが集うにふさわしい地域としてアジア唯一の開催地に選ばれたのです

↑今年で3回目の開催。サンタさんの熱い討議はここで行われています。