グリコ栄養食品 たべもの辞典
素材について
グルテンってなに?
でんぷんってなに?
色素ってなに?
洋菓子のひみつを解明!
洋菓子(スポンジケーキ)

ケーキは日本人なら誰もがよく知っている食べ物のひとつです。
ケーキが何で作られているか、知っていますか?
これから、私といっしょにケーキについて学びましょう!

ボタンをクリックしてね。
スポンジケーキの種類と歴史
なにからできているの? どうやってつくるの?
なにからできているの? なにからできているの? スポンジケーキの種類と歴史 どうやってつくるの?
マウスをおいてみてね。せつめいがでてくるよ。
上に戻る
スポンジケーキの種類と歴史 なにからできているの? スポンジケーキの種類と歴史 どうやってつくるの?
製法と種類

スポンジケーキは生地(きじ)によって二種類の製法に分かれるんだ。

 
別立て法(=卵白と卵黄を別々に泡立てる)
・ビスキュイ生地(軽い、きめ細かい)
共立て法(=全卵を一度に泡立てる)
・ジェノワーズ生地(しっとり口溶けが良い)
そのほか、ロールケーキ、シフォンケーキ、ショートケーキ、チョコレートケーキ、デコレーションケーキ、カステラなどなど、たくさんの種類があるよ。
スポンジケーキの歴史

スポンジケーキは15世紀から16世紀にかけて生まれ、17世紀になってフランスの王室を中心にお祝いの時のデザートとして作られたんだよ。18世紀になると、卵を卵黄と卵白に分けて泡立てる別立て法が使われるようになって、今のようなやわらかくきめ細かい生地ができてきたんだ。

スポンジケーキ
上に戻る
どうやってつくるの? なにからできているの? スポンジケーキの種類と歴史 どうやってつくるの?
じゃあ、スポンジケーキがどのように作られるのかを見ていこう!!
材料はこんな割合だよ 薄力粉:90 砂糖:100 全卵:150 無塩バター:20 牛乳:18 バニラエッセンス:少量 でんぷん(小麦でんぷん、またはコーンスターチ):10
スポンジケーキの準備
卵は常温に戻しておこう。
薄力粉とでんぷん(小麦でんぷん、またはコーンスターチ)を混ぜて、ふるってお こう。
バターと牛乳はあわせてレンジで加熱し、50℃程度で保温しておこう。
オーブンを190℃に温めておこう。  
型にクッキングシートを敷いておこう。
スポンジケーキができるまで
(1)ミキサーを使ってホイップ

卵と砂糖を合わせて人肌(ひとはだ)程度に温めてから、ハンドミキサーを使って、ホイップしていくんだよ。始めは泡がたくさんあるけど、写真のようにつやが出て、トロトロになるよ。



(2)ゴムベラで混ぜる

ふるっておいた粉を入れて、ゴムベラでさっくりと混ぜるんだ。この時に生地をねらないで、やさしく混ぜてあげてね。粉を入れたら、バターと牛乳を混ぜて温めておいたものを入れてよく混ぜるんだよ。



(3)型に流しこむ

きれいに混ざったら、型に流しこもう。写真のように、生地が帯状(おびじょう)に流れたらOK!



(4)オーブンで焼く

温めておいたオーブンに入れ、30分〜35分間焼いてね。生地がきれいに膨(ふく)らんでくるので、見てみて!!



(5)焼き上がり

スポンジ生地が焼き上がりだよ。



生クリームなどでデコレーションすると出来上がり!
上に戻る
たべもの辞典トップへ