私たちのビジョン

「おいしさと健康」の価値を
もっと多くの人に、そして世界に

創業当時からGlicoが目指してきた「おいしさと健康」。
その価値を、社会の変化や課題に対応して、もっと多くの人に
そして、世界中の人たちに届けたい。
そのために「創意工夫」「積極果敢」「不屈邁進」を続けています。

「おいしい、そして、健康にいいから毎日食べたい」と思ってもらえるものを

Glicoの目指す「おいしさと健康」とは、「おいしいから食べたい」だけではなく、「健康にいいから毎日食べたい/飲みたい」とお客様に思ってもらえ、手に取ってもらえる商品を生み出し、お届けすることです。「アーモンド効果」は、「身体に良いからアーモンドを常備しているが、堅いので毎日食べるのは大変」というお客様のお話をきっかけに生まれました。欧米には既にアーモンド飲料がありましたが、薄くて日本人の味覚には合わないので、日本人が好む味について徹底的な分析をし、豆乳を毎日飲んでいる方々にもご意見をいただき、毎日飲み続けられる味を探し求めました。こうして、栄養たっぷりで、おいしい「アーモンド効果」が誕生しました。糖質コントロールが必要な人にも食べてもらえるよう開発した「SUNAO」シリーズ、そして、チョコレートで初めての機能性表示食品の「LIBERA」も、「おいしさと健康」のあくなき追求の結果、生まれました。人々の健康への関心が高まり、食へのこだわりも強くなっている今、Glicoが提供できる価値は、無限にあると考えています。Glicoならではの価値の提供のために、研究開発においても新しい分野へ挑んでいきます。

事業を通して社会の役に立つ

「事業を通して社会の役に立ちたい」という想いは、創業者が「栄養菓子グリコ」を創った時からのGlicoのDNAで、Glicoの商品やサービスの開発には、誰かの、そして社会の役に立ちたいという強い想いが常に、その根底にあります。2019年に発売を開始した日本で初めての「乳児用液体ミルク〜アイクレオ赤ちゃんミルク〜」は、災害時の授乳、そして、日常での育児の負担軽減という課題に正面から向き合い、障壁や困難を乗り越え、発売に至りました。また、子どもたちがココロもカラダも健康に成長できるよう、子育てに悩むパパ、ママを応援する「Co育てプロジェクト」という取り組みもしています。社会課題、特に、次の社会を担う若い世代の人たちのココロとカラダの健康への価値提供をGlicoの使命として、挑戦を続けていきます。

ライフスタイルの変化に合わせて、進化し続ける

Glicoには、ビスコ、プリッツ、ポッキーなど、多くのロングセラー商品があります。時を超えて愛されてきたこれらの商品が、さらに多くの人々のココロとカラダの健康に貢献できるように、創意工夫を続けています。例えば、発売から60年を迎えようとしている「プリッツ」も2019年に大幅リニューアルを行いました。繊細な旨みを感じやすくする微粒子パウダーを使うことで「おいしさを強化」し、素材由来の食物繊維による「健康価値の向上」を実現したことに加え、多くのお客様がスマートフォンを片手に行動する”スマホ時代”に合わせて、手元を見ないでも、手に取りやすく、しかも手が汚れにくい、「ながら食べ仕様」を採用し、より充実した「自分時間」を過ごしてもらえるようにしました。このように、ロングセラー商品についても、より多くのお客様に愛されるように、人々の価値観、ライフスタイルの変化に合わせて、商品を進化させていきます。

世界のGlicoを目指して

Glicoでは日本の他に、11か国、17社でグローバルブランドである「ポッキー」と「プリッツ」を中心にした事業を展開し、中国とASEAN地域では、自社工場による生産を行っています。また、アメリカ のTCHO Ventures, Inc. では、クラフトチョコレートとして北米で人気の高い チョコレートの製造・販売をしています。海外事業をさらに拡大していくために、基盤の強化として、積極的な投資を続けています。世界のグリコを目指して。

お客様と共に

「お客様と共に成長する企業でありたい」という想いから、江崎グリコでは、お客様にGlicoを身近に感じていただける会員サイト「グリコクラブ」を運営しています。当社の商品を通じて、人と人が繋がり、集える場でありたい、従業員とお客様が交流し、ご意見をお伺いしながら、共創していく場を目指しています。新商品情報や、ファンミーティングなど、会員のみなさまへいち早く情報をお届けしています。