おいしさと健康セミナー

メインビジュアル メインビジュアル

ココロとカラダの
健康を目指して。

「おいしさと健康セミナー」とは

江崎グリコの社名の由来はグリコーゲンです。
創業者江崎利一がグリコーゲンという素材を子供たちの健康作りに活かせないかと考え、創業の商品である赤い箱のグリコが誕生しました。まさに企業理念「おいしさと健康」を体現した商品です。
健康には、「栄養」「運動」「休息」の三つの要素が大切だと言われています。Glico「おいしさと健康セミナー」はこの三つの要素を中心テーマとして、皆様の健康に役立つ情報を伝えてまいります。

健康・研究情報

一覧

食とビューティー・ヘルスの新トレンド 世界が注目するナッツの王様、アーモンドから考える 健康効果への期待で大注目! 実はすごいアーモンドの力

5月30日はアーモンドミルクの日。それに先駆け、28日に開催されたのが、アーモンドの健康効果に着目したオンラインセミナーだ。アーモンド研究の最新レポートや注目の栄養成分、その恵みを食生活に取り入れるポイントについて、各界の専門家たちによる解説やパネルディスカッションが行われた。

第5回ウェルネスキャンパス

第5回ウェルネスキャンパス「コロナ禍の睡眠障害リスクとより良い睡眠を得るために」開催!

健康に重要な3つの要素「運動」「栄養」「休息」について楽しく学べる場をお届けするオンラインセミナー、with Glico ウェルネスキャンパス。

2021年3月17日に実施された第5回目のテーマは「コロナ禍の睡眠障害リスクとより良い睡眠を得るために」。第1部で登壇していただいたのは、スタンフォード大学医学部精神科教授の西野精治先生です。

また、イベント会場では関係者の検温・消毒作業を徹底。人と人との距離を適切に保ち、感染症対策をしっかりと取った上で開催いたしました。

長寿遺伝子のスイッチオン

第4回ウェルネスキャンパス「1日8,000歩・速歩き20分で長寿遺伝子のスイッチオン」開催!

with Glico ウェルネスキャンパスは、健康に重要な3つの要素「運動」「栄養」「休息」について楽しく学べる場をお届けするオンラインセミナーです。

2021年2月28日に実施された第4回目のテーマは「1日8,000歩・速歩き20分で長寿遺伝子のスイッチオン」。イベント会場では、関係者の検温・消毒作業を徹底。人と人との距離を適切に保ち、中継先を分けるなど感染症対策をしっかりと取った上で開催いたしました。

健康寿命と美容寿命

第3回ウェルネスキャンパス「健康寿命と美容寿命 ~サビないためのインナーケア」セミナー

with Glico ウェルネスキャンパスは、「運動」「栄養」「休息」という、健康に重要な3つの要素について楽しく学べる場をお届けするオンラインセミナー形式のイベントです。

2020年11月25日に実施された第3回目のテーマは「健康寿命と美容寿命 ~サビないためのインナーケア」。

イベント会場では、関係者は検温、消毒を徹底。パーテーションを設けて人と人との距離を適切に保つなどの感染症対策をしっかり取った上で開催されました。

気合だけでは乗り切れない!そんな体の底上げ術 多忙な毎日。疲れ気味の自分の体とどう向き合う?―― xWOMANアンバサダー3人は手堅くアーモンドミルクを取り入れています

食事の大切さは分かっているけれど、忙しくてなかなかままならない。そんな女性たちの食生活と健康、そして美活をサポートする1品として近年ブームを起こしつつあるのがアーモンドミルクです。いったいどこが魅力なのか? 長期にわたり毎日愛飲している日経xwomanアンバサダー3名の本音トークから、その実力を探ってみました。

加齢物質減少やダイエット効果の報告も!酸化・糖化を遠ざけるアーモンドの力 忙しい時こそしっかり体のケアを!

美肌や健康を保つには、しっかり栄養補給することが必要不可欠だが、忙しくてどうしても食生活がおろそかになりがちな人は少なくない。
そこで美容皮膚科医として日々多くの女性の診察を行うウォブクリニック中目黒の髙瀬聡子総院長が勧めるのが手軽に摂取できて、なおかつ栄養豊富なアーモンド。
肌と体のエージングの仕組みからアーモンドに含まれる主な成分の働き、取り方のポイントなどを、日経BP総合研究所の黒住紗織上席研究員が伺った。

世界で急伸アーモンドミルク 日本定着なるか~グリコのポピュレーションアプローチ~

今、ミルク市場に激変が起こっている。「第3のミルク」として植物由来ミルクが世界的に急伸長しているのだ。なかでも突出しているのが、アーモンドと水などを原料とするアーモンドミルク。江崎グリコのマーケティング本部 健康事業・新規事業マーケティング部 部長 木村幸生氏と日経BP総研の西沢邦浩が、日本でもブレークスルーを迎えつつあるアーモンドミルク急成長の背景と可能性を探った。