東京・池袋サンシャインシティで「クリエイターズグリコ展」を開催

クリエイターズグリコ展 メインビジュアル

江崎グリコ株式会社は、2022年11月18日(金)から20日(日)までの3日間、池袋のサンシャインシティ「噴水広場」において「クリエイターズグリコ展」を開催します。当展は日本を代表するクリエイター10名がデザインした“おもちゃ”が入った特別商品「クリエイターズグリコ」の発売に先立ち開催するもので、発売前のクリエイターズグリコのおもちゃ10点とともに、大正時代から現在に至るおもちゃ約500点を展示します。入場料は無料で、期間中にはゲーム大会なども開催予定です。

特別商品「クリエイターズグリコ」 ~ 日本を代表するクリエイターがおもちゃをデザイン~

特別商品「クリエイターズグリコ」は栄養菓子「グリコ」100周年記念の特別商品で、11月22日(火)から数量限定で全国販売します。同商品は従来のグリコーゲンに加え、健康素材としても注目されるカカオとアーモンドを練りこんだ特別な「キャラメル」と、⽇本を代表するクリエイターがデザインした特別な「おもちゃ」がセットになった商品です。参加クリエイターは、⼤童澄瞳氏(漫画家)、隈研吾氏(建築家)、坂井直樹氏(コンセプター)、タツナミシュウイチ氏(プロクラフター)、長坂真護氏(美術家)、根津孝太氏(クリエイティブコミュニケーター、デザイナー)、日野晃博氏(ゲームクリエイター、脚本家)、ヒョーゴノスケ氏(イラストレーター)、堀井雄二氏(ゲームデザイナー)、増田セバスチャン氏(アーティスト)の10名で、「心の中にあるグリコ」をデザインしてもらい、それを世界的なフィギュアメーカー・株式会社海洋堂が造形製作しました。

11月18日から開催する「クリエイターズグリコ展」 ~ 大正時代から現代に至る 時代ごとのおもちゃ 約500点を公開~

「クリエイターズグリコ展」は、11月18日(金)から20日(日)までの3日間、池袋のサンシャインシティ「噴水広場」で開催します。栄養菓子「グリコ」は今年で100周年を迎え、今までに製作してきたおもちゃの総数は約3万種類55億個にのぼります。今回、過去100年間のおもちゃの中の約500点を時代ごとに展示し、グリコのおもちゃのルーツである「絵カード」など、時代ごとの状況が反映された珍しいおもちゃを観ることができます。

開催日時

11月18日(金) 13時00分~20時00分
11月19日(土) 10時00分~20時00分
11月20日(日) 10時00分~20時00分

会場:サンシャインシティ 屋内イベントスペース「噴水広場」
   (住所:東京都豊島区東池袋3-1-3 アルパB1)

観覧:入場無料

イベント詳細情報についてはコチラ