いろんなことをして、巨大プッチンプリンを小さく撮影してみた。

  • LINE

プッチンできる楽しさとプルルン食感でおなじみの「プッチンプリン」。定番のプッチンプリン(95g)のほかに、小腹満たしに最適なミニサイズ(67g×3)、プリン好きの心とお腹を満たすBigプッチンプリン(160g)、いつでもどこでも分け合えるひとくちプッチンプリン(16g×6)といろいろなサイズがありますが、この度新しいサイズが仲間入りすることに!

その名は「ハッピープッチンプリン」。

実はこのプッチンプリン、これまではコストコでこっそり販売していたのですが、コンビニエンスストアなどでも買えるようになったそうです。これ、プリン好きの僕としてはめちゃくちゃうれしいニュース!なぜならハッピープッチンプリンは、Bigプッチンプリンを軽〜く超える巨大プッチンプリンなのです。

その容量はというと、なんと380g!

(左)ミニサイズのプッチンプリン、(右)ハッピープッチンプリン

実際に手に取ると大きい。大きいです。これまでのプッチンプリンにはないずっしりとした重みが手から伝わってきます。そして380gという大きさを目の当たりにして怖気づいている僕の器の小ささを嘲笑うかのような、堂々とした風格。

うぅぅぅ、ま、負けそう……。「お前、器、小さいぞ!」

このままではハッピープッチンプリンの迫力に、完全に負けてしまう。プリン好きのプライドを死守するために、なんとかこのプッチンプリンを小さく見せる方法を探さねばーーー!

ほ〜ら、小さく見えるでしょ?

こうして始まったハッピープッチンプリン(巨大・380g)と僕の戦い。まず思いついたのは、ハッピープッチンプリンが小さく見える方法を探ることでした。ここはプロのカメラマンの知恵を借りるのが正解と判断。さっそく知り合いのカメラマンのところへ相談に。

「ハッピープッチンプリンを小さく見せたいんです」

「え?なんの意味があるの?」

「戦いなんです!」

「・・・遠近法トリックとかどう?」とカメラマン。

「おぉ!早速やってみましょう。」

でもなんかイマイチ乗り気じゃない感じですね。

ほ〜ら、小さく見えるでしょ?

さらに小さく!まいったか!俺のほうが全然デカい男なのだ!

うーん。わざわざ感ありますね。
そして、まだまだハッピープッチンプリンのインパクトには勝ててない。困りましたね……。

誰か違う方に持ってもらいましょうか!ハッピープッチンプリンのサイズ感を感じさせないような巨漢がいいですね。

ということでさっそくある所に電話。


数時間後。


来てくれた方がこちらです!

フォトスタジオの衝立の向こうから・・・

ムキムキボディーに黒いパンツ・・・

第29代大阪プロレスチャンピオンのタダスケさんです!彼のブログは「タダスケの極悪日記」。
怖いですねー。ん?不機嫌?なんか、怒ってます?

タダスケさんに持ってもらえば、ハッピープッチンプリンのインパクトなんて吹っ飛ぶはず!すべてはハッピープッチンプリンの魅力を伝えるため。ここは怖がっている場合じゃないです。

「戦い」の主旨を説明。突き刺さる視線。

まあ結局のところ、僕の戦いの意義は理解してもらえなかったですが、とにかくハッピープッチンプリンを持っていただくことに。

どうですかっ!

ハッピープッチンプリンが380gだということなど忘れてしまうでしょう。
もはや普通のサイズに見えるでしょう!

ムキムキ極悪ボディーにタジタジのハッピープッチンプリン。小さく見えますかね。

どうですかっ!ハッピープッチンプリンに負けない迫力がでてきましたねー。

「これがミニサイズだぁ!?満足できるわけないだろうがぁぁぁ」

タダスケさんノッてきましたね。でも、僕はふと冷静に思いました。

何かが足りない。

サイズ感はいいんですけど、やっぱりハッピープッチンプリンのインパクトに負けているというか。あと、実は、タダスケさんって身長173cmなんですよね。お言葉ですが、そんなに大きくないですよね。

う〜ん、これは代案を考えたほうがよさそうです。

とうことで「タダスケさん、お疲れさまでしたー!」

「は?休日に呼び出しといて何言ってんの?」

ってあれ?

完全に怒ってます?

ごめんなさいーーー!!!ハッピープッチンプリンに勝ちたいだけなんです!

4倍サイズ・380gという衝撃を恐怖で忘れさせてみせます

タダスケさんは怒って帰ってしまいましたが、僕の戦いはまだ終わっていません。代案を考えなくては!プロレスラーよりも大きくて、インパクトもあるもの。そしてハッピープッチンプリンのサイズが自然に映る状況を作り出すには……。

あっ!

今すごくいいこと思いつきました!

どうして初めに思い付かなかったのか。この手があるじゃないですかー。


ということで、

沖縄でーす!

ハッピープッチンプリンを小さく撮影するためには、手段を選びません!

そうそう、ここですよ。おきなわワールド!

スタッフの方ですか?あのー、大蛇とプリンの写真を撮らせてもらってもいいですか?

ここでも僕の説明は理解してもらえませんでしたが、なんとか撮影許可をもらうことができましたよ!
そして、どうしてわざわざおきなわワールドに来たかというと、ここにはアレがいるんですよ。アレが。

そう、ヘビ!・・・怖い

でもどうです?この写真を一見して「プリンでかっ!」とは思わないですよね。「なにこのヘビ!?」ですよね。思うことは。インパクトで完全にハッピープッチンプリンの大きさに勝利した瞬間です!

体長3mを超えるニシキヘビでーす!どやっ!

怖さと違和感で、ハッピープッチンプリンの大きさなど比ではありませんねー。

ニシキヘビの重さは20kg!ハッピープッチンプリンが380gだという衝撃なんてどこ吹く風です。というより、もはやハッピープッチンプリンが大きいとか小さいとかいうことは気にしていられません。


やりました!ついに成し遂げましたーーー!


ありがとう沖縄、ありがとうニシキヘビ!

ハッピープッチンプリンの「大きさ」に勝利!

達成感とともに沖縄を去ったはずなのですが、戻ってくるなり何やら怪しい雲行き……。会議室からは「そもそもなぜハッピープッチンプリンの大きさと戦ってるの?」「ハッピープッチンプリンの魅力が伝わってないのでは?」という声が聞こえてきます。


えーーーーーーっ!?


だって、プリン好きのプライドを死守せねばと思ってですね、プロレスラー呼んだり、沖縄日帰り取材でニシキヘビを巻いたり、こんなに頑張ってるのに、ダ、ダメなんですかー?

キミの大きさとどう戦っていのか、正直、もうかわからない。ハッピープッチンプリンよ。

もしかしたら、380gという容量にばかり気がとられて、ハッピープッチンプリンと正面から向き合えていなかったのかもしれません。そういえば、プッチンもしていませんでした。

ごめんね、ハッピープッチンプリン。ちゃんとプッチンするね。

でかっ。ハッピープッチンプリンでできるのか不安でしたが上手にプッチンできました。

そういえば僕はプリンが大好きなのでした。実食。

うまいっ!

今ここでプッチンしてみて、食べてみて、僕はわかりました。ハッピープッチンプリンの大きさを小さく見せたところで、僕の器が大きくなるわけじゃないということを。ハッピープッチンプリンの大きさに一瞬怯んだ僕は、知らず識らずのうちに食べることから逃げていたのかもしれません。

僕はプリンが大好きです。ハッピープッチンプリンが380gだというのなら、怯むのではなく大喜びすべきでした。だって、お腹いっぱいプッチンプリンを食べられるのだから!プリン好きにとってこんな幸せなことないですよね。


あっ、だから「ハッピープッチンプリン」って名前なんだ。


みなさんももしハッピープッチンプリンを街で見かけたら、怯まずプッチンしてくださいね。
きっとハッピーになれますよ!


ごちそうさま、ハッピープッチンプリン。またね。

  • 全力で駆け出し中の体当たり系ライター

    坂 彬光

  • LINE