BifiX1000アンバサダーのOCU職員に突撃!

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を、身近な方々に広げることを目的としたBifiX1000アンバサダー。

アンバサダーに認定された企業さんや団体さんには、「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を提供し、一定期間モニターになってもらいます。

今回、モニターになってもらったのは、大学の運営・経営を支える大阪市立大学(以下、OCU)の職員有志の女性職員(20~50代)の皆さん。モニター終了後の座談会では、お仕事や日常生活のこと、「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を摂取した感想などを賑やかに語っていただきました。

どのような生活を送っていますか?

―――皆さんのお仕事について聞かせてください。

Aさん:書類作成や管理をはじめ、入力業務、部署間の連絡業務、来客対応、行事に関する業務など、幅広い仕事を請け負います。基本的にはデスクワークが中心です。

Bさん:私は入試担当で、願書の受付が始まる頃から猛烈に忙しくなります。つい先日も合格発表があり、てんてこ舞いでした。

Cさん:学生支援課という、学生の相談窓口のような部署に在籍しています。学業に関することはもちろん、奨学金や就職相談など学生生活全般をサポートするのが仕事です。

皆さん、複数の業務を並行して行っており、かなり多忙な日々を送っているようです。


―――健康のために日常生活で工夫をされていることはありますか?

Dさん:栄養のバランスには気をつけています。每日ではないですが、ヨーグルトや牛乳を摂ったり、野菜不足を感じた時は野菜ジュースで補ったり…。

Aさん:野菜好きなので、食生活はバッチリ!でも、職場と家が近いので通勤もラクで…ちょっと運動不足ですね。

Cさん:適度な運動は大事ですよね。特に決めて何かをしているわけではないのですが、エスカレーターを使わず階段を上がるなどを心がけています。

Bさん:私は、いつもキャンパス内を走り回っているので、それだけで結構な運動量なんじゃないかな。万歩計をつけていた時期があったのですが、每日1万~1万5千歩でしたから。

入試や卒業式、入学式などの行事が続く年度末前後の時期はとても忙しく、広いキャンパス内を走り回ることもあるのだとか。そのため、健康への意識の高さが印象的。皆さん、それぞれこだわりを持った生活を送っているようです。

「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を飲んだ感想を聞かせてください。

―――飲んでみていかがでしたか?
Dさん:おいしくて飲みやすかったです。クセになりそうな味ですね。

Bさん:酸味があって特徴的な味ですね。そのせいなのか、起き抜けに飲むとスッキリ目が覚める気がしました。好きなタイプの味でした。

Eさん:飲みきりサイズで、ちょうどいい量でした。味もおいしかったです。

皆さんが感じた酸味は、ビフィズス菌がつくった「酢酸」によるもので、カラダにいい働きをする成分の1つ。「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」は、飲みやすさにこだわり、マイルドな飲み心地に仕上げています。

―――いつ飲んでいましたか?

Eさん:目覚ましがわりに、朝起きてすぐに飲むようにしていました。

Cさん:私は每日朝食時に飲んでいました。

Aさん:私は朝とお昼の間です。

皆さん、飲む時間を決められていたようですが、これは毎日続ける上ですごく大事なこと。1日の始まりに、1日の終わりに。ぜひ、生活の中に取り入れてみてください。


―――モニターに参加していかがでしたか?

Dさん:朝に飲むのを日課にしていたのですが、いつもより体がシャキッと目覚める感じで、毎朝いい気分で1日をスタートできました。続けたくなりましたね。

Aさん:参加させていただきありがとうございました。モニターに参加する前はこの商品のことを知らなかったのですが…これからお店で見かけたら、手を伸ばしたくなると思います。

Eさん:私も、グリコさんにこんな商品があることは知らなかったので、店頭で見つけたら買ってみようと思います!

Dさん:実は「買ってみようかな~」と思っていたところだったので、グッドタイミングでした!

Bさん:体のことではないのですが…モニター期間中はみんなと健康話で盛り上がり、面白かったです。みんなの話を聞いて、自分の食事や生活を見直すきっかけにもなりました。

加齢とともに減っていくと言われているビフィズス菌を効率よく摂ることで健康に役立てていただきたい…と開発したのが「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」。忙しい日々を送る働きウーマンに大好評で感無量です!

ビフィズス菌 BifiXは、生きて腸まで届きおなかで増えるため、効率的に、腸内のビフィズス菌を増やすことができます。そして、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。

そんなビフィズス菌 BifiXが手軽に補給できる機能性表示食品の「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」。

さて、次回はどこの企業さん・団体さんに突撃するでしょうか。お楽しみに!

>>商品についてはこちら

【届出表示】本品にはビフィズス菌 BifiX(B. lactis GCL2505)が含まれます。ビフィズス菌 BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した飲料です。

●本品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食生活のバランスを。

(注)「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」は、「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000α(アルファ)」にリニューアルしました

>>公立大学法人大阪市立大学(OCU)

日本で最初の市立大学。大阪市内に位置する唯一の総合大学で、8学部10研究科を有する。130年を超える歴史と伝統を礎に「都市型総合大学」として新たな発展をめざす、公立大学としては日本最大規模の大学。

  • ラーメン好き癒し系ライター

    木村 明寛

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE