BifiX1000アンバサダーの関西大学チアリーダー部HELIOSに突撃!

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を、身近な方々に広げることを目的としたBifiX1000アンバサダー。

アンバサダーに認定された企業さんや団体さんには「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を提供し、一定期間モニターになってもらいます。

今回、モニターになってもらったのは、関西大学応援団バトン・チアリーダー部HELIOSの皆さん。普段の生活のことやチア部のこと。そして、「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」についてお話をお伺いしました。

皆さん、どんな生活を送っていますか?

―――バトン・チアリーダー部に入部しようと思ったきっかけを教えてください。

Aさん:高校の時、関大チアリーダーの演技を見ました。バンクーバーオリンピックの時の壮行会だと思います。その時に「関大でチアをやりたい!」と思いました。

Bさん:中学と高校は、バトントワリングをしていました。大きなステージで踊るのが好きなので、入ろうと思いました。

Cさん:入学式で演技を見て、決めました。

若さいっぱい! 元気いっぱい! 連日ハードな練習をされているという皆さん。集合写真の撮影の際には、迅速に美しく整列して、抜群のチームワークをみせてくださいました。


―――大学生活と部活の両立は大変ですか?

Dさん:夕方の5時から8時まで、ほとんど每日練習しています。お休みは週に1~2回ですね。

Aさん:練習は厳しいですが、観客の方たちに喜んでいただくと、とても達成感があります。

日々、忙しく過ごされている皆さんですが、笑顔が本当にステキ! 生活が充実していることが、その表情から伝わってきます。

「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」はどうでしたか?

―――飲んだ感想を聞かせてください。

Dさん:毎朝ヨーグルトを食べていますが、高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000も良い感じでした。

Bさん:大好きな味。もっと飲みたいと思いました。

Eさん:飲んでいると毎日のリズムがいいと思いました。

―――ビフィズス菌は乳酸菌の100倍以上多く、お腹の中にいると言われているんです。健康のためにたくさんビフィズス菌を摂っていただこうと生まれたのが「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」なんですよ。

Cさん:ビフィズス菌がカラダに良いのは知っていました。中学の頃から每日、ビフィズス菌入りのヨーグルトを食べています。

Eさん:私も每日ヨーグルトを食べています。ビフィズス菌と乳酸菌って違うんですね。

Aさん:私はこれからも、続けたいと思います。


カラダが資本のチア部の皆さんだけに、健康への意識の高さが印象的でした。腸内環境の改善にも興味をもっていただけたようで、今回のモニタリングを通じて、「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」を生活に取り入れようという方もいらっしゃって嬉しい限りです。

生きて腸まで届き、おなかで増えるビフィズス菌BifiXを補給できる機能性表示食品の 「高濃度ビフィズス菌飲料BifiX1000」。今後も、社会人だけではなく、学生さんたちのスマイルを増やしていければ幸いです。

さて、次回はどこの企業さん・団体さんに突撃するでしょうか。お楽しみに!

>>商品についてはこちら

【届出表示】本品にはビフィズス菌 BifiX(B. lactis GCL2505)が含まれます。ビフィズス菌 BifiXは生きて腸まで届き、増殖することで、腸内環境を改善し、便通・お通じを改善することが報告されています。ビフィズス菌を補給して、おなかの調子をすっきり整えたい方に適した飲料です。

●本品は、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
●食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食生活のバランスを。

>>関西大学 応援団バトン・チアリーダー部

  • ラーメン好き癒し系ライター

    木村 明寛

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE