グリコーゲンを配合したグリコ初の化粧品「gg」のヒミツに迫る!

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

グリコが化粧品を販売しているのはご存知ですか? 現在、フェイシャルソープ、ローション、クリームの3商品が販売されており、2015年12月に新商品のナイトジェルが加わります。すべての商品に共通していることが、グリコならではの成分・グリコーゲンが含まれていること! 今回は、グリコの化粧品シリーズ「gg」を研究・開発している健康科学研究所へお邪魔しました。生みの親・古屋敷研究員の「gg」開発秘話にご注目ください!

グリコーゲンの保湿成分に着目。

―「gg」とはどんな化粧品なのでしょうか?
古屋敷:私たちが独自に研究開発したうるおい成分「EAPグリコーゲン」を配合した、エイジングケア化粧品です。保湿成分であるEAPグリコーゲンの他、植物由来の美肌成分にこだわってつくっています。またスキンケア化粧品は毎日使うものですから、とろみや伸びの良さなどの使い心地にも、試行錯誤を重ねました。

―グリコーゲンには肌にどのような効能が?
古屋敷:グリコーゲンは体の至るところに存在し、それぞれの臓器でさまざまな機能を果たしています。そのひとつが、免疫細胞の近くにあると、細胞を活性化して元気になる機能。肌に対する実験では、実際グリコーゲンを塗ることで肌のうるおいがアップし、毛穴やシワ対策にも役立つことが証明されています。
また、グリコーゲンは細胞を紫外線ダメージから守る効果があることも分かっています。年齢・光老化の2つの対策にも関わっているなんて、女性にとっては最高の成分だと思いませんか?

キャラメルと「gg」。それぞれに含まれるグリコーゲンはどう違う?

―キャラメルと「gg」のグリコーゲンは同じものですか?
古屋敷:実はまったく別ものなんです。キャラメルに含まれるグリコーゲンは牡蠣から抽出したものを、「gg」にはトウモロコシのでんぷんと酵素を組み合わせたものを使用しています。貝から抽出したグリコーゲンとはにおいも全く違うんですよ。ぜひ体験してみてください。

↑左が貝由来のグリコーゲン、右が「gg」に使われるEAPグリコーゲン。

―左側はえびせんべいのような、おいしそうな香りがしますね!右側は全くの無臭です。
古屋敷:そうなんです。「gg」に牡蠣抽出のグリコーゲンを使用しなかったのは、不純物が含まれているから。この香りも、その不純物が理由なんです。お肌につけるには抵抗があるのでは?…と考えました。そして天然素材ゆえ、大きさにバラつきがあったんです。グリコーゲンは、ブドウ糖がたくさんつながってできたもの。もちろん、ブドウ糖が数百個くっついたものも、千個くっついたものもグリコーゲンですから、自然由来のものだとバラつきが生じます。
そこで当社は、肌の活性にもっとも効果的な、ある一定の大きさのグリコーゲンをトウモロコシのでんぷんと酵素でつくりました。それが「EAPグリコーゲン」なのです。

EAPグリコーゲンを塗って、肌の水分量を測ってみよう!

古屋敷:試しに、EAPグリコーゲンの保湿効果を実験してみましょうか。EAPグリコーゲンの水溶液を皮膚に塗布する前後で、肌の水分量を測定しましょう。

↑肌にEAPグリコーゲン水溶液を塗り、表面の水分が乾いたところで水分量を測定してみると・・・。

↑グラフ左が塗布前、中央が塗布した後。水分量が明らかに増加していることが分かります!

―すごい!倍近く数値が増えていますね。
古屋敷:これはあくまでもEAPグリコーゲンの水溶液での数値ですからね。他の保湿成分や配合量にもこだわってつくっている「gg」では、もっと大きな変化が見られると思いますよ。

そもそも、グリコがなぜ化粧品開発を?

―「gg」開発のきっかけはなんだったのでしょう。
古屋敷:グリコーゲンの健康的な機能を解明するため研究を進めていると、肝臓や筋肉にあるグリコーゲンが肌にもあり、加齢とともに減少することが分かってきました。「グリコーゲンは、実は美肌にも有効なのでは?」と考えたことが、エイジング・スキンケア研究の始まりです。
ちょうど同じ頃、社内で化粧品を開発しようという話が持ち上がっていることを耳にしました。私にとっては絶好の機会。グリコーゲンの話をもちかけたところ、周囲の賛同も得られ、「gg」が生まれたのです。タイミングが少しでも異なると、グリコーゲンを含んだ化粧品はできていなかったかもしれませんね。

―グリコで化粧品開発をするとは予想できなかったんじゃないですか?
古屋敷:実は私自身、学生時代から化粧品の研究に興味があったんです。なのでグリコーゲンの肌への効果を発見したとき、「これはきた!」と口もとが緩みました(笑)。細胞レベルの実験を行なったり、モニターを集めて試験したりと、研究は雲をつかむような作業の繰り返しでしたが…。試行錯誤を2年以上費やし、ようやく自信を持って世に出せる商品が完成しました。

「gg」製品とグリコーゲンのこれからとは。

―「gg」製品やグリコーゲンの今後の展望について教えてください。
以前当社でグリコーゲンに関するアンケートを行ったところ、グリコーゲン自体を知っている方はたくさんいても、美肌にまつわる成分だと回答された方はごくわずかでした。今後は、コラーゲンやヒアルロン酸のように「美肌にまつわる成分」としてもイメージしていただけるよう、グリコーゲンそのものをメジャーにしたいと思います。
グリコーゲンはもともと身体にあるものですから、まだまだいろんな機能があるのではないかと思っています。食べると記憶力がアップするとか、身体の抗酸化力を高めるなどという新しい発見が今も出てきていますからね。最近では、毛髪への効果の検証も進めています。食品や化粧品に限らず、グリコーゲンの新しい作用が見つかれば商品化して世に出していきたいですね。だって知れば知るほどに、グリコーゲンは魅力的な成分ですから。

  • 一日五食を推奨! 食べるの大好きライター

    櫻井 千佳

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE