便通など女性のお悩みを改善する、気になるキーワード「腸内フローラ」

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

テレビやラジオ、各種雑誌などさまざまなメディアで取り上げられ話題となっている「腸内フローラ」。皆さんも一度は、耳にしたことがあるのではないでしょうか?

近年、腸内フローラに関する研究が急速に進展し、それがもたらす私たちの健康や美容などへの影響が徐々に明らかになってきました。

良い状態の腸内フローラを保つことで、多くの女性が抱える美と健康に関する悩みを軽減する大きな助けとなることが、広く一般にも知られるようになり、今大きな注目を集めているのです。

そもそも「腸内フローラ」って何?

「腸内フローラ」とは、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)とも呼ばれる、人間の腸内に生息する細菌群またはその生態系を示す言葉です。その種類はなんと約100種類以上、数にして100兆個にもなるといわれています。

フローラとは、英語で花畑を意味する「flora」に由来するもので、腸内に群生する細菌の様相が美しい花畑に例えられることから名付けられました。約10メートルとも言われている私たちの腸の中に、そんなにたくさんの細菌が住んでいるなんて、なんだかとても不思議ですね。

理想的な「腸内フローラ」を保つには?

腸内には、人体にとって有用な働きをする「善玉菌」、人体に有害な影響をもたらす「悪玉菌」などが住んでおり、それらは常に縄張り争いしながら絶妙なバランスのもと「腸内フローラ」を形成しています。

その「腸内フローラ」のバランスが崩れると、悪玉菌の影響が大きくなるなどして、“腸内環境”全体の不順を招く原因ともなってしまうといわれています。

それでは、良い状態の腸内フローラを保つためにはどうしたら良いのでしょうか?

そうです!皆さんがご想像の通り、「善玉菌」を増やすことで腸内のバランスを整えれば、理想的な「腸内フローラ」も取り戻すことができます。
とはいえ、それには健康的な食事や規則正しい睡眠、ストレスのない生活などが必要不可欠となりますが、現代人にとっては、実現が難しい生活習慣であることも、また事実。

でも、まだあきらめるには少し早いかも?実は手軽に善玉菌を増やして、腸内環境を改善する方法があるのです。

おなかの善玉菌を増やすビフィズス菌BifiX

おなかの善玉菌を増やすビフィズス菌BifiX

ビフィズス菌BifiXとは、およそ1万株の菌株コレクションの中から見つけ出した健康なヒト由来のグリコ独自のビフィズス菌のことです。

その最大の特徴は、おなかの中で“増える”こと!グリコ独自のビフィズス菌BifiXは、生きて腸まで届き、おなかの中で食べた数の10倍以上に増加することが調査でも確かめられているんです。

なお、ビフィズス菌BifiXのネーミングには、“Bifi”に「ビフィズス菌」、“X”に「まだ見ぬ」「未来への期待」という意味が込められています。

ビフィズス菌BifiXで腸内環境を改善しよう!

生きて腸まで届き、おなかで増える能力が優れているビフィズス菌BifiXを摂取し続けることで、一般的なビフィズス菌や乳酸菌を摂取した場合と比べて、腸内のビフィズス菌を増やすことができます。
おなかのビフィズス菌が多くなれば、腸内環境全体の改善につながります。
ビフィズス菌BifiXが腸内の善玉菌を増やして、私たちの健康的な腸内環境づくりをパワフルにサポートしてくれそうですね。

腸内のビフィズス菌数

 
さあ、あなたも快適な腸内環境ライフを!

  • ジャンルレスで活動するモノづくり大好きライター

    内山秀樹

SHARE THIS
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE