トップメッセージ - Message from the President

江崎グリコ株式会社 代表取締役 社長

原点は、いつも「グリコ」

グリコグループは、赤い箱の栄養菓子「グリコ」を創製したときから「食品による国民の体位向上」を社是として企業活動を進めてまいりました。そして創立70周年を迎えた1992(平成4)年、この精神を受け継ぎ、現代に生きる私たちが共感し、共鳴できる言葉でこれを表現したのが今の企業理念「おいしさと健康」とGlicoスピリットです。

創業の製品である「グリコ」には、創業者江崎利一をはじめ多くの社員の創意工夫と、お客様の豊かな食生活と健康の向上に役立ちたいという気持ちが込められています。現在はこの気持ちをより広い分野で享受していただきたく、菓子だけでなく、冷菓、加工食品、デザート、乳製品、乳幼児用粉ミルク、食品原料や化粧品原料にまで事業領域を広げてまいりました。

ハート、ヘルス、ライフの3つのフィールド

私たちが活動する領域はハート、ヘルス、ライフの3つのフィールドです。

ハートのフィールド―― 心と心のふれあいを大切にしながら、精神的な潤いや気持ちのゆとりづくりを応援していくフィールドです。新しく、楽しく、豊かな生活文化を創造・提案していきます。

「食べることと遊ぶことは子どもの二大天職である」。江崎利一は、この思いの下、「グリコ」とおもちゃはひとつだと考えていました。発売以来50億個を超すおもちゃは、子どもたちの創造性を育み、日本の生活文化を語る証拠として多くの人たちに愛され親しまれています。

ヘルスのフィールド―― 健康を科学し、健やかな成長を応援していくフィールドです。いきいきとした気持ちとからだづくりを、モノとサービスで提案します。

江崎利一は、故郷の佐賀県で健康によいとされるグリコーゲンを牡蠣の煮汁に見つけたとき、「グリコーゲンを一番必要としているのは育ち盛りの子どもである。それならば子どもが喜ぶ菓子の中にいれて嗜好品として売ったらどうか」と考えました。健康なからだづくりがグリコの創業の原点だったのです。

ライフのフィールド――生きていくうえで欠くことのできない生活基盤として食を研究開発し、社会に貢献していくフィールドです。高品質な食品と食素材の研究や事業化を通じ、人々の豊かな食生活を応援していきます。

そのひとつが米粉です。現在はパンを中心に麺、菓子などへの普及を推進しています。日本で生産される米を地産地消し、食品自給率の向上にも貢献できる米粉の利用拡大に、グリコは積極的にかかわっています。

ハート、ヘルス、ライフ。私たちが活動する3つの領域は、創業当時から多くの社員が引き継ぎ、グリコグループに受け継がれている活動領域なのです。

私たちの合言葉

「創る・楽しむ・わくわくさせる」が、グリコで働く私たちすべての合言葉です。

私たち自らが創ることを楽しんで、わくわくするような製品でなければ、おいしさの感動や健康の歓び、生命の輝きはお客様に届かないと考えるからです。

また、企業理念に込められた思いは、製品を通じてお客様にお届けするだけではありません。新しい食シーンの提案、スポーツ・文化活動の支援や自然環境の保全活動、親と子の健康に関する研究支援に取り組む「母子健康協会」の活動を援助しています。

地球規模での自然保護や豊かな人間性への回帰と向かう今、「おいしさと健康」の企業理念を込めた製品と活動であらゆる世代、あらゆる国の人たちのいきいきした生活づくりに貢献したいと私たちは考えております。

みんなに笑顔を届けたい。

そして私たちが2011(平成23)年、新たに掲げたメッセージが「みんなに笑顔を届けたい。」です。

赤い箱の栄養菓子「グリコ」が誕生して以来、私たちは食を通じて何ができるか考えてまいりました。

私たちが常に思い描くのは、食卓を囲む家族の笑顔であり、お菓子やデザートを食べる子どもたちのほほえみです。私たちがお届けする食品を召し上がっていただくことで生まれる笑顔を、世界の隅々にまで広げたいと、私たちは考えております。